中山金杯2016出走予定馬分析フルーキーら

@h_r_p_studio さんの写真)

中山金杯2016の出走予定馬分析と1週前展望です。

中山金杯2016の出走予定馬は、フルーキー、ヤマカツエース、ブライトエンブレム、ベルーフ、マイネルフロストら。中山芝2000mで行われるハンデ・G3戦です。

2015年最後の更新です。今年もたくさんの方に本サイトをご覧いただき、ありがとうございました。2016年最初の更新でまたご挨拶させていただきます。それでは皆様よいお年をお迎えください。

出走予定馬分析です

フルーキー

チャレンジカップは最内の狭いスペースから伸びて差し切り勝ち。やや詰めの甘い馬だったが、勝負に出れるデムーロ騎手に乗り替わった効果が予想以上に大きかった。距離への不安はなさそうだが、今回は経験の少ないコーナー4回のコース。前走のレース運びは阪神コースだからこそ出来た芸当で、中山では違う戦法で臨まないとまず勝てない。

ヤマカツエース

明らかに適正外だった富士ステークスを除けば、昨夏以降は函館記念3着、札幌記念4着、福島記念1着。3歳夏以降はレースぶりに幅が出てきて、安定した成績を残している。中山はニュージーランドトロフィー勝ちの舞台。内枠を引けば、堅実駆けか。

ブライトエンブレム

菊花賞は3コーナーからスムーズさを欠きながら、勝ち馬から0.6秒差の7着。京都芝3000mへの適性も微妙だったことを考えると、よく走ったほうだろう。中山芝2000mは弥生賞2着、皐月賞4着と結果を残している舞台。脚質面でやや不安は残るものの、鞍上的にもここは勝ちにいきそうな予感。

ベルーフ

典型的なハービンジャー産駒で、ギアチェンジは苦手も持続力勝負に強いタイプ。コーナー4回の京成杯、小倉記念では好走しているが、2戦とも持続力が問われる流れになったのが良かった。加速力や立ち回り勝負になると分が悪いので、展開をどう読むかで評価を上げ下げしたい馬。

マイネルフロスト

昨年はオープン特別の福島民報杯のみの勝ち鞍だったが、中山記念4着、シンガポール航空インターナショナルカップ4着など強敵相手にも健闘。G3レベルのメンバーなら能力上位の存在だろう。立ち回り力の高いブラックタイド産駒で中山向き。福島民報杯のように強気に乗りたいところ。

1週前展望です

出走予定馬を見た感じでは「全体的に持久力型のタイプが多いな~」という印象。確かにブライトエンブレム、ベルーフなどは中山向きなのですが、ギアチェンジの早いタイプではないので、有馬記念のようにスローペースで流れると、届かないタイプなんですよね。

そういう展開になると前々でシュッとした脚を使える馬が穴をあけそうな気がします。たとえば

タガノエスプレッソ

なんかは面白そう。父ブラックタイドで立ち回り力が高く、前々でシュッとした脚も使えるタイプ。斤量も手ごろですし、現時点では要注意な1頭と見ています。

中山金杯2016の出走予定馬分析と1週前展望でした。

東西金杯からでも一ヶ月間楽しめます

1月4日までにゆたぽんの馬券生活協同組合にお申込みいただければ、東西金杯から予想&買い目配信を受け取ることができます。

金額は2500円ですが、初月はなんと490円…。

私が吉野家でよく頼む牛丼+半熟たまご(450円)と変わりません(笑)。牛丼の楽しみは一瞬で終わり、食べたら何も残りませんが、馬券生活協同組合は1ヶ月間楽しめて、きっと貴方の馬券力向上に生涯役立つと思います。とりあえず気になる方は、数週間だけ購読して継続するか判断して頂ければと思います。

詳しくはゆたぽんの馬券生活協同組合に加入するをご覧ください。

まずはゆたぽんの無料メルマガに申し込む。