有馬記念2015予想参考のキーワードは加速力!?

@h_r_p_studio さんの写真)

有馬記念2015の予想参考です。

いよいよ有馬記念が残り3日と迫って参りましたね!

コアな競馬ファンにとっては「有馬記念も重賞の1つ」に過ぎませんが、やっぱり最後のレースは当てたいもの(笑)。私も昨年はジェンティルドンナを軽視して悔しい思いをしたので、今年はビシッと当てたいです。

ところで今年の有馬記念で鍵を握るのは何だと思いますか?

私はペースだと思います。今年の有馬記念は全体的に混戦ムード。展開、隊列によって結果が大きく左右するのではないでしょうか。

ペースのカギを握りそうなのはリアファル。ただ鞍上のルメール騎手は基本的に逃げを好まないタイプで、逃げるとほぼスローペースになります。

そこで今回は今年の有馬記念もスローペースになると見て、スローペースだった有馬記念を振り返ってみたいと思います。

スローペース=前残り&加速力勝負

皆さんはスローペースになりそうなレースではどういう馬を買いますか?

おそらく多くの人は「前に行きそうな馬から買う」のではないでしょうか。それは確かに正解なのですが、もう1つ重要なポイントがあります。

それは加速力

加速力は言い換えると、ギアチェンジの速さともいえます。スローペースのレースでは後半で一気にペースが上がるため、そこで瞬時にギアチェンジできるかどうかが重要になります。またスローペースのレースでは馬群が固まりやすいため、狭いスペースからでも一気に伸びてこれるタイプが有利なのです。

では加速力のある/なしをどうやって見分ければいいのか。これはただひたすらにレースを見るしかありませんが(笑)、簡単に見分けられる方法もあります。それは年齢。加速力は基本的に年齢とともに下降するからです。

スローペースだった有馬記念を振り返る

ここでスローペースだった有馬記念の年齢別成績を見てみましょう。スローペースの定義はターゲットのRPCI(race pace change indexの略)が55以上だった年を調べました。いきなり難しい言葉が出てきましたが、明らかにスローペースだった年だけを抽出したと思ってください。

有馬記念2015表1

上記を見ても分かる通り、3歳馬が圧倒的に優秀

RPCIが55以上だった年は3歳馬が必ず3着以内に絡んでいます。

今年の有馬記念もスローペースを想定するなら、年齢の若い馬を中心に攻めたほうがいいと言えるでしょう。

以上、有馬記念2015の予想参考でした。

有馬記念から一ヶ月間、吉野家の牛丼+半熟たまごの値段で楽しめます

有馬記念からでもゆたぽんの馬券生活協同組合にご加入いただけます。

金額は2500円ですが、一ヶ月間はなんと490円…。

私が吉野家でよく頼む牛丼+半熟たまご(450円)と変わりません(笑)。牛丼の楽しみは一瞬で終わり、食べたら何も残りませんが、馬券生活協同組合は1ヶ月間楽しめて、きっと貴方の馬券力向上に生涯役立つと思います。とりあえず気になる方は、数週間だけ購読して継続するか判断して頂ければと思います。

詳しくはゆたぽんの馬券生活協同組合に加入するをご覧ください。

まずはゆたぽんの無料メルマガに申し込む/b>