エルムステークス2018の予想です。

エルムステークス2018の出走馬は、ハイランドピーク、ミツバ、ドリームキラリ、リッカルド、ロンドンタウンなど14頭。札幌競馬場ダート1700mで行われるG3戦です。

土曜日は午前中に好発進できたのですが、午後に入ってから貯金を徐々に溶かす形に。札幌最終の3連単で盛り返したものの、トントンくらいで終了。日曜日は蟹がたくさん食べられるくらい勝ちたいと思います。

なおジャックルマロワ賞は夜に掲載いたします。

8月12日(日)の平場の勝負レースはこちらから(当日の9時ごろに掲載します)。

LINEでは1日1頭、厳選軸馬も配信しています。

友だち追加

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

エルムステークス2018の予想です

昨今のダート中距離路線は主役馬不在の状況が続いており、このエルムステークスも混戦ムード。能力差がないのであれば、カギを握るのは展開だろう。

逃げるはドリームキラリ。最近は一時期よりも行き脚がつくようになっており、2枠2番の絶好の枠順、鞍上の藤岡祐介騎手の姿勢を考えてもここは行き切る可能性が高い。

直後を追走するのはハイランドピーク。前走マリーンステークスはラストダンサーと競い合った分、最後に失速してしまったので、今回は逃げるドリームキラリを前に見ながら4コーナー付近から並びかけるイメージで乗ってくるだろう。隊列は意外とすんなり決まり、逃げ、先行勢有利に流れるのではないか。人気のリッカルド、ミツバは内目の枠に入ったことで、自分から動けない可能性がある。ここはベタに前残りに賭けてみたい。

本命はハイランドピークの押し切りに期待

前走マリーンステークスは大逃げを打ったラストダンサーと競い合ってしまい、本来なら大敗しても不思議ではないレース。小回りダート1700m戦は基本的に前傾ラップになりやすいが、度を超えた前傾ラップで進んでおり、2着に踏ん張ったことが評価できる内容だった。今回は前走の敗戦+ドリームキラリが是が非でもハナを叩くので、すんなりと2番手に収まりそう。自分のリズムで運んで4コーナーからドリームキラリに並びかければ、直線入り口で先頭に立ってそのまま押し切れると見た。

相手はドリームキラリに好走条件がそろった

近走の行きっぷり、2枠2番の枠順、鞍上の藤岡祐介騎手のキャラクターを考えると、ここは自分の形に持ち込める可能性が高い。行き切ればとにかくしぶといので、昨年のエルムステークス同様、上位争いには加わってくるのではないか。ただ後続勢の目標になる分、逃げ切るよりも何かに差されて2、3着に敗れるほうがイメージしやすい。

3番手はアルタイルの一撃があっても良さそう

3走前のポルックスステークスでは名鉄杯を圧勝したラインルーフを鮮やかに差し切った馬。ややムラ掛けのイメージはあるが、能力の絶対値ならこのメンバーに入ってもヒケを取らない。前走アンタレスステークスは勝負どころで位置を押し上げられなかった上、直線で前が壁になってしまい、参考外の一戦。スムーズに運べていれば、2着ミツバとも差はなかっただろう。そのミツバが上位人気に推されるなら本馬は人気的に狙い目といっていい。

ディアデルレイは近走やや苦戦しているが、昨年の師走ステークスではサンライズノヴァに完勝しており、能力は重賞でも通用していいはず。前走マリーンステークスは2着ハイランドピークから0.2秒差の6着。着順ほどレース内容は悪くなく、外目の枠から気分よく運べれば、前走以上のパフォーマンスを発揮してくるかもしれない。

人気はないが、ブラゾンドゥリスも怖い存在。やや揉まれ弱い面があるため、外枠からスムーズな先行策を打てるかが重要で、今回は枠順的に力を発揮できる番。前走プロキオンステークスは勝ち馬が強過ぎただけで、2着インカンテーションから0.2秒差の5着。能力通りに走れば、上位争いしても不思議ではない。小回りダート1700mも【1.2.0.1】と結果を残している。

リーゼントロックは前走マリーンステークスがやや上手く行き過ぎた印象。ラストダンサーとハイランドピークが玉砕気味のペースで飛ばしたことで展開の恩恵を受けたのは間違いなく、見た目的には脚を余した形だが、内容はハイランドピーク>リーゼントロックと判断していいだろう。再現性の低い競馬で、今回も同じパフォーマンスを発揮できるかは分からない。

ロンドンタウンは復調気配を見せているが、蛯名騎手への乗り替わりがマイナスに働きそう。昨年のエルムステークスは岩田騎手がロスなく立ち回っていた分、最後に弾けた印象。今回は自分から動く蛯名騎手なので、3~4コーナーから早めにドリームキラリ、ハイランドピークを捕まえに行き、直線で脚がなくなっているかもしれない。

ミツバは能力上位もコース替わり、枠順で割引が必要。内目の3枠3番だと近走のようなロングスパートを打てるか微妙で、仮に打てたとしてもドリームキラリ、ハイランドピークの2頭をマクり切るのは難しいだろう。脚を余すか、中途半端に脚を使って伸び切れずに敗れそうだ。

アンジュデジールはドリームキラリ、ハイランドピークを見ながらロスなく立ち回れそうだが、能力的に通用するかどうか。牝馬限定のダートグレードは1000万下レベルなので、近2走の勝利をそこまで評価できない。

モルトベーネは能力的に通用していいが、長期休養明けがさすがに割り引き。前走東海ステークスのように内目の枠からロスなく運んだほうがいいタイプで、8枠13番も歓迎とはいえない。

リッカルドは南関東に転厩後、息を吹き返したように活躍。復活の要因は黛騎手が下手だったこともあるが、地方に水が合っていた面もあり、再びJRAに戻って近走通りのパフォーマンスを出せるかは未知数。ルメール騎手騎乗で人気を集めるのであれば、押さえ評価に留めておきたい。

エルムステークス2018の印です

◎⑧ハイランドピーク
○②ドリームキラリ
▲⑦アルタイル
△⑪ディアデルレイ
△⑫ブラゾンドゥリス
△⑥リーゼントロック
×⑨ロンドンタウン
×③ミツバ
×④アンジュデジール
×⑬モルトベーネ
×①リッカルド

以上、エルムステークス2018の予想でした。

【PR:オススメサイト・APLI(アプリ)】

【的中実績】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年7月22日
中京11R トヨタ賞中京記念(G3)
三連単(30点×1,000円=30,000円投資)
的中 259,800円

1着 グレーターロンドン(単勝1番人気)
2着 ロジクライ(単勝5番人気)
3着 リライアブルエース(単勝4番人気)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7/22 トヨタ賞中京記念が開催されました。

中京記念といえば、昨年まで1番人気が18連敗していたレースです。

今年1番人気だったグレーターロンドンは明らかに格上でしたが、
それでも過去のジンクスを気にして信じきれなかった人も多いのではないでしょうか。

実際、人気も散っていましたね。

そんな中で過去のジンクスに振り回されることなく、中京記念を的中させた競馬サイトがあります。

それが、APLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

指示通り購入した人は259,800円の払戻になりました。

1番人気⇒5番人気⇒4番人気の三連単(21番人気)。

普段であれば当てやすい結果だったと思いますが、中京記念の場合は・・・。

中京記念の買い目を公開し、不的中だった競馬サイトはたくさんありましたし、
ここでブレずにしっかりと予想を当てたAPLIは評価していいでしょう。

(グレーターロンドンを2着・3着に入れてフォーメーションを組んでるサイトが多かったですw)

・収集する情報の質・信頼度
・蓄積したデータの量・分析力
・雰囲気に流されない徹底した姿勢

この辺が素晴らしいので必然的にAPLI(アプリ)で公開される予想の精度は高く、勝ちやすいです。的中率・回収率が安定しているので利用して不安を感じることはまずありません。

最近の競馬サイトの中では間違いなく、絶好調な部類に入るので、夏競馬はAPLI(アプリ)を軸に攻略していってもおもしろいかと思ってます。

APLI(アプリ)公式サイト
※フリメだけで登録可能です

8月12日は・・・

エルムステークス(G3)
関屋記念(G3)

の買い目公開も決定しているようなので、是非、チエックしてみてください。