ゆたぽんの馬券生活協同組合に加入する

初めまして。

ゆたぽんと申します(プロフィールはこちらをご覧ください)。

この度はこのページをご覧いただき、ありがとうございます。

私は競馬のブロガーを本業として、予想や分析に膨大な時間を費やしています。その情報を読者の方に還元して、競馬をより楽しんで頂きたいという思いで、2014年9月からメルマガの配信を開始。約3年以上の月日が経ち、これまで私の想像を上回るたくさんの方々にご購読いただいております。

競馬のメルマガはなかなか難しいもので、当たって喜びを共有できる時もあれば、ハズれて申し訳なく思うこともあります。目の前の1つ1つのレースには運も左右してくるので、自分の力ではどうしようもないこともあります(ギャンブルなので好不調の波もあります)。

ただ1つ言えることは長いスパン(最低でも半年くらい)で考えて頂ければ、実力がしっかりと反映されてくるので、競馬予想の手助けになるだろうということです。

「日ごろ忙しくて予想や分析に時間を使えない」
「もっと自分の競馬力を磨きたい」
「競馬初心者で予想の仕方が分からない」

そういう方の需要を満たせると自負しています。

以下、配信内容とスケジュールです。ご一読いただき、興味がありましたらお申込みください。

配信内容とスケジュールについて

月曜日:先週の重賞回顧

「先週の重賞回顧」では、先週の重賞回顧、2歳馬チェック(2017年7月から開始)、地方重賞の予想閲覧パスワード(パスワードがない週は水曜日にコラムあり)をご覧いただけます。サンプルは以下の通りです(2017年7月24日配信分)。

2.函館2歳ステークスの回顧

【レース詳細】

土曜日は道悪で行われたが、日曜日は良に回復。直線はやや内がいい程度でほぼフラットだった。

レースはスタートから何が何でもハナへという馬が見当たらず、二の脚が利いたパッセがじわっとハナへ。前半600m通過は34.5秒で、1200m戦にしてはややゆったりしたペースで進んでいった。

こうなるとある程度、前で運んだ馬たちの争いになって当然。単純な前残り決着ではなかったが、掲示板に入った5頭のうち4頭は4コーナー5番手以内に位置していた。

【カシアスの勝因】

ここでは能力が一枚上だった印象。展開が向いたわけではいので、着差以上に強い勝ちっぷりだった。完成度は高いが、早熟感はないので、先々もコンスタントに活躍していけるのでは。

【本命パッセの敗因】

前半600m通過34.5秒と楽なペースで逃げたが、直線入り口でウインジェルベーラにあっさりと交わされてしまった。新馬のパフォーマンスを考えると物足りない内容で、結果的に逃げたのが裏目に出たのかもしれない。

【人気馬の敗因分析】

ナンヨープランタン(2番人気6着)…直線は大外からこの馬なりに脚を使っているものの、逃げ、先行勢に有利な流れだったため、前との差がなかなか縮まらなかった。いかにも鈍足なルーラーシップ産駒といった感じで、多頭数の競馬では常に力を発揮できないタイプ。次走は少頭数の1400m以上のレースが理想。

ベイビーキャズ(3番人気12着)…中団追走から伸び切れず、特に見どころなく敗退。ルメール騎手騎乗というだけでさすがに売れ過ぎていた印象。

【次走以降の狙い馬】

ナンヨープランタン(2番人気6着)…上記にも書いた通り、今回は消化不良の競馬。能力は高いので、2勝目は近いだろう。

リンガラポップス(7番人気7着)…勝負どころで動くに動けず、仕掛けが明らかに遅れてしまった。直線は最後までしっかりと伸びていたので、位置さえ取れていれば、上位争いしていただろう。

ジェッシージェニー(9番人気10着)…前残りの流れの中、終始外々を回らされた上、直線入り口~半ばでは前がやや壁になってスムーズに追い出せなかった。次走即買いたいという内容ではないが、運に恵まれなかったのも確かで、位置取りや枠順次第では掲示板くらいはあっただろう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3.中京記念の回顧

【レース詳細】

馬場は見た目で内が明らかに悪い状態も、ただ外に持ち出せばいいというわけではなく、むしろラチ沿いをピッタリと回った馬が4コーナー~直線入り口でセーフティーリードを作り、あれよあれよと残ってしまうレースがいくつかあった(この手の中京の馬場は本当に難しい)。

レースはウインガニオンの行き脚がつかず、外からトウショウピストがハナへ。やや離れてウインガニオン、スーサンジョイと続き、馬群は4番手以下に固まっていた。

前半600m通過は46.3秒でほぼ平均ペースも、逃げたトウショウピストから4番手以下の馬群までは離れていたので、ほとんどの馬にとってはスローペースだった。

直線は馬群が中~外に広がっての追い比べだったが、ウインガニオンが内ラチ沿いを走り、直線半ばでは大きなセーフティーリード。まさに9レースの渥美特別(ラウレアブルームの逃げ切り)を見ているようで、逃げ馬がワープしたように前にいたため、後続勢にとっては2着に上がるのが精いっぱいになるというレースだった。

【ウインガニオンの勝因】

馬の地力強化もあるが、津村騎手の作戦勝ちだろう。馬場は内が明らかに悪かったものの、そこまで伸びないわけではなく、むしろほかの騎手が嫌う分、そこを通ることにメリットがあった。ここまでの戦績が【8.0.1.12】という非常に分かりやすい馬。今後もピンかパーかというレースを繰り返しそう。

【本命ピンポンの敗因】

流れが向かなかった面はあるにせよ、直線に入ってからの伸び脚もひと息。ハンデ差はあったものの、重賞レベルでは厳しかったか。

【人気馬の敗因分析】

ブラックムーン(1番人気3着)…後方追走から思い切ったイン突き。上り最速で追い込んできたものの、早めに抜け出したウインガニオンが予想以上にしぶとかった。

グランシルク(2番人気2着)…福永騎手らしく馬場のいいところに持ち出して追い込むも2着まで。本来ならこの馬が勝っていたかもしれないが、ウインガニオン&津村騎手の術中にハマってしまった。

【次走以降の狙い馬】

ダノンリバティ(3番人気5着)…中団後方寄りの位置取りになってしまい、ヨーイドンの競馬に付き合わされてしまった。昨年の中京記念のような負け方で、もったいない競馬だった。次走はおそらく関屋記念。2年連続での好走がありそう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

4.2歳馬チェック~次走注目馬~

●ヴェロニカグレース(6番人気3着)

7月22日(土)に福島5レースの新馬、芝1800mに出走。

前半1000m通過66.0秒という超スローペースの中、上り最速で追い込むも差し届かず。直線は進路をやや変更しながらの追い上げで、エンジンがかかったのはラスト100mくらいだった。能力が高いのは間違いなく、未勝利を勝ち上がるのは時間の問題か。

●メイショウオーパス(6番人気4着)

7月22日(土)に中京1レースの未勝利、ダート1400mに出走。

2戦連続で大出遅れを見せているので、積極的に買いづらいタイプではあるが、後方から外々を回って追い上げてきた脚を見ると、ダートなら未勝利で通用しそう。とにかくスタートさえ決まれば、時計は1秒以上詰まるだろう。

●バリエンテ(6番人気7着)

7月23日(日)に函館1レースの未勝利、芝1200mに出走。

新馬の時にも次走注目馬に指名したが、今回も直線で目立つ伸び脚を披露。レースセンスがないので狙いどころが難しいが、能力自体は高い。1200mはこの馬にとって短い印象を受けるので、距離はもっと伸びてもいい。

●キミワテンマ(1番人気2着)

7月23日(日)に福島1レースの未勝利、芝1200mに出走。

スタートから4コーナー手前まで終始手綱を引っ張り通しで馬と喧嘩しながら追走。それでも直線は大外から鋭く伸びて2着に入っており、馬自身の能力は未勝利をいつでも勝ち上がれるレベルと見ていいか。前走でも道中で行きたがる素振りを見せていたので、距離は現状1400mくらいまでだろう。

●ラガージェ(3番人気4着)

7月23日(日)に福島5レースの新馬、芝2000mに出走。

直線入り口で鞍上が右ムチを打った時、外に大きく寄れてしまい、ラスト100mくらいのところでも外ラチに突っ込むのかというほど外に大きく寄れていた。まっすぐ走っていれば、楽々と差し切っていた。近いうちに未勝利を勝ち上がれるだろう。

●アイビリーブ(7番人気5着)

7月23日(日)に中京1レースの未勝利、芝1600mに出走。

前半600m通過34.9秒という淀みのないペースを前々で追走。逃げ、先行勢がほとんど総崩れだったので、よく粘っているといえるか。今回はややメンバーレベルの高かった一戦。未勝利で馬券になる日も近い。

●ウォーターパルフェ(11番人気5着)

7月23日(日)に中京5レースの新馬、芝1400mに出走。

3コーナーで前の馬が斜行した影響で外に大きく振られる不利。直線に入ってもすぐにエンジンがかからず、ゴール前でようやくトップスピードに乗った感じだった。ルーラーシップ×ネオユニヴァースという持続力型のタイプ。距離はもっと伸びてもいい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

5.習志野きらっとスプリントのパスワード

習志野きらっとスプリントのパスワードは

ユーザー名:dirtgrade

パスワード:VCfWHne7NP

です。

水曜日:今週のコラム

週に一度、競馬力アップに役立つコラムを配信しています。先週に私が購入した馬券をすべて振り返る「先週の買い方回顧」などが好評をいただいています。ただ最近は月曜日の重賞回顧内で地方重賞のパスワードを載せることが多いので、コラムは月1回くらいのペースです。コラム内容はその時々によるのでサンプルは割愛いたします。

木曜日:週末の馬場情報

現代競馬で馬券を当てるのに重要な馬場読み。木曜日には先週の結果を踏まえて、今週の馬場状態を先読みしていきます。サンプルは以下の通りです(2017年7月20日配信分)。

2.函館の馬場情報

●芝(Bコース)

2回函館開催の最終週(3週目)。先週からBコースに変わり、内が依然として有利。日曜日は道悪で時計がかかっていたが、良馬場で行われた土曜日は時計が出ていたので、今週も良馬場なら内有利の時計勝負になると見ていいだろう。

●ダート

ダートは引き続き逃げ、先行有利。4コーナー先頭で回ってきそうな馬は能力度外視で注意したほうがいい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

3.福島の馬場情報

●芝(Bコース)

2回福島開催の最終週。先週は内を通った馬が苦戦しており、馬場の中~外を通った馬がよく伸びていた印象。枠も内より中~外に入った馬の方が活躍していた。

●ダート

ダートは基本的に逃げ、先行有利も、先週はオーバーペースになったレースが多く、差しやマクりがよく決まっていた。開催序盤ほど逃げ、先行有利ではなくなっているので、差し馬でもそこまで割り引く必要はないか。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

4.中京の馬場情報

●芝(Bコース)

3回中京開催の最終週。馬場は内ラチから3、4頭分ほど空けたところがよく伸びていた印象。内は見た目でも凸凹しており、ほとんどの騎手はそこを避けて通っていた。ただ外に持ち出せばいいわけではなく、コースロスを最小限に抑え、かつ馬場のいいところを通るが重要。いつもの中京だが、馬の能力以上に騎手の腕が問われる。

●ダート

ダートは逃げ、先行有利の馬場も、福島と同じく開催序盤ほどの強烈なバイアスはなくなっている。ただ外を回って差しがズバズバと決まる馬場ではないので、差し、追い込み馬を狙うなら内から馬群を捌いてこれるようなタイプを狙いたい。

金曜日と土曜日:明日の重賞予想

重賞のレース見解および印を前日に配信しています。出走馬すべてについてのコメント付き。予想のプロセス(過程)を見ることによって、読者の方の予想力アップにつながればと思っています。買い目は「本日の勝負レース」内にて当日に配信しています。サンプルは以下の通りです(2017年レパードステークス)。

2.レパードステークスの予想

過去にはホッコータルマエ、インカンテーション、グレンツェントらが好走しており、ダート戦らしくガチンコ勝負になりやすいレース。今年も逃げ、先行勢が多数そろったので、レパードステークスらしい我慢比べ、ポテンシャル勝負になりそう。穴を狙うにしても実力ある馬でないと好走できない。

本命はローズプリンスダム。JRAでダートのオープンクラスを勝ち上がっているのはエピカリスと本馬だけだが、前日オッズでエピカリスが単勝1倍台なのに対し、本馬が単勝50倍台はさすがに舐められ過ぎだろう。

過去、ダートで勝利を挙げたのは、中山ダート1800mの500万下、消耗戦の鳳雛ステークスで、本馬の良さはロージズインメイ産駒らしい豊富な持久力。同産駒のマイネルバイカが分かりやすい例だが、厳しい競馬になればなるほど持ち味が生きてくるタイプで、まさに消耗戦になるレパードステークスは絶好の舞台といっていいか。鞍上はテン乗りだが、気持ちの強いタイプの騎手なので、多少強引な競馬をしたほうがこの馬には合っているかもしれない。人気の盲点になっているのはこの馬くらいだろう。

相手はエピカリス。レパードステークスは強い馬が強い競馬をするレースなので、素直に評価すべき馬。ただ海外遠征帰りで、単勝1倍台はさすがに被り過ぎている印象があり、能力が抜けているのを認めつつも、嫌うなら今回のような気もする。

3番手はタガノディグオ。ジャパンダートダービーは立ち回りの差で敗れただけで、負けて強しの競馬。レパードステークスは速い上りをマークした馬が上位に入るレースなので、この馬にとっては理想的な舞台といっていいか。ただ枠順的にコースロスが生じるのは間違いなく、差し届かずの可能性も少し考えておきたい。

テンザワールドはここに来て本格化の気配。前走濃尾特別は枠順のアドバンテージがあったが、負かした相手はビスカリア、マイネルビクトリーと骨っぽかった。8枠14番は歓迎とはいえないが、さらに上昇が見込める余地はある。

スターストラックもここに来て2連勝と勢いがある。檜山特別は、4着ペイシャゴンジセ、8着ヨシオが次走1000万下の特別戦を勝ち上がっており、そこまで弱いメンバーではなかったか。テンザワールドと同じくさらにパフォーマンスを上げてくる可能性は十分にあるので、要注意の1頭か。

トラネコは前がバテバテになれば、浮上のチャンス。前走濃尾特別は伸びない外々を回りながらの追い上げで、勝ち馬とは着差ほど能力差はなさそう。他力本願だが、堅実には走ってくるはずで、あとは前が止まるかどうだろう。

以下、イブキ、ノーブルサターン、タガノグルナまで挙げておきたい。

【そのほかの出走馬の評価】

4番タガノカトレア…ユニコーンステークスの回顧では次走注目馬に取り上げたが、距離延長は明らかにマイナス。相手関係も強化されており、上位争いは難しいか。

8番シゲルコング…戦績通り苦戦続き。重賞では荷が重い。

9番サルサディオーネ…前走500万下を好時計で勝利。ダートではまだ底を見せていないが、今回は最内枠のタガノグルナがハナを叩きそうで、自分の形に持ち込めないか。相手も一気に強化されるので、割引材料のほうが多い。

10番テイエムアンムート…ダートではすべて上り3位以内をマークしている末脚堅実なタイプだが、500万下を勝ち上がるまでに時間がかかっており、3歳馬同士とはいえ重賞では力不足か。

11番ブライトンロック…青梅特別はメンバーレベルが高かった上、1枠1番に入ってしまい、力を出し切れずに敗れた感じ。クラス慣れすれば、1000万下でも通用しそうだが、3歳馬同士とはいえ重賞では荷が重いか。

12番ハルクンノテソーロ…ユニコーンステークスは決め手が生きる流れになった上、鞍上の田辺騎手の絶妙な手綱さばきのアシストもあった。末脚堅実なタイプだが、距離延長は歓迎とは言えず、前走からパフォーマンスを下げる可能性が高いのでは。

【印】

◎②ローズプリンスダム
○⑤エピカリス
▲⑮タガノディグオ
△⑭テンザワールド
△⑥スターストラック
△⑦トラネコ
×③イブキ
×⑬ノーブルサターン
×①タガノグルナ

土曜日と日曜日:本日の勝負レース(当日の8時30分ごろまで)

土日の平場、特別戦のすべてのレースの中から狙える勝負レースをお伝えしています。特に未勝利戦が得意です。サンプルは以下の通りです(2017年9月18日配信分)。

≪阪神4レース 未勝利 勝負度D(自信度★★☆☆☆ 妙味度★★★★☆)≫

◎⑧サワヤカフェスタ<次走注目>(17番人気1着
○⑮ロードバリスタ
▲⑫アバルラータ(2番人気1着
△④プレイヤビスタ
△⑭スマートシグルズ
△⑥ショウナンサリュー
×⑦ハートクレスト
×③アオイスカーレット(1番人気3着
×⑱カルトデュモンド

未勝利を勝ち上がるチャンスがあった馬が何頭か出走しており、ハイレベルなスーパー未勝利戦。

ここはサワヤカフェスタを狙いたい。2走前は4コーナー~直線半ばまで前が塞がる不利、前走はスローペースを大外ぶん回しで、近2走に関しては決して力負けではない。とにかく鞍上が足を引っ張っている典型的な馬だが、今回はコーナー2回のバラけやすい阪神芝1800m。コーナー4回のコースよりスムーズには立ち回れそうで、能力がストレートに反映されれば、上位争いしてもいいはずだ。

相手はまずロードバリスタ。初芝だった前走は無茶苦茶な競馬でまともなら突き抜けていたレース。実質的に「未勝利勝ちの馬」と捉えてよく、捌きやすい外枠なら上位争いは間違いない。

末脚堅実なアバルラータも有力。前走は伸びづらい内から力強く伸びており、着順以上に評価できる内容。鞍上も森騎手なら堅実駆けだろう。

馬券は3連複で1列目にサワヤカフェスタ、2列目にロードバリスタ、アバルラータ、3列目に印を打った馬へ流したい(ワイド2点でもOK)。本線は2列目がロードバリスタ絡み、3列目がスマートシグルズまで。あとは馬連、馬単を抑える。

【参考買い目】

3連複:◎ー○▲ー○▲△△△×××(13点)…本線は2列目がロードバリスタ絡み、3列目がスマートシグルズまで 573.6倍的中

馬連:◎ー○▲(2点)464.7倍的中

馬単:◎→○▲(2点)

購読料とお申込み方法について

購読料は月々2500円です。

ただ初月のみ3500円にさせて頂いています(再購読の方を含む)。以前は初月のみ490円にしていたのですが、安い料金にするとすぐ辞める人がいるので、それだとお互いにとってメリットがないからです。私自身、既存のメルマガ配信サービスを使っていないこともあり、メールアドレスの登録などはすべて手作業のため、登録および退会の作業が大変なのも理由の1つです。

いずれにせよ、予想にはどうしても好不調の波があり、1ヶ月単位では何も分からないと思うので、なるべく長期の購読を前提のもとご購読していただければと思います。

お申込みは以下の購読ボタンから行えます(登録のメールアドレスはできるだけgmailかyahooメールでお願いいたします)。





Paypalは世界中で利用されている決済代行サービスです。安心してご利用ください。詳しくはこちら)。

お申込みの確認が取れ次第、24時間以内にこちらからメールでご連絡いたします。届かない方はメールアドレスの入力ミスだと思うので、yutapony@gmail.comまでご一報ください。

なお銀行振込をご希望の方は以下のフォーマットからお申込みください。24時間以内にご連絡差し上げます。銀行振込の場合でも初月のみ3500円、2ヶ月目以降2500円です。

ゆたぽんの馬券生活協同組合の利用規約

返金、解約について

銀行振込の方で配信前に限り、お振込後の返金、解約は受け付けます。ただし原則、お振込手数料はご負担いただきます。

配信の中止や延期について

個人的な事情により、配信が一時的に停止した場合でも返金などは出来ませんのでご了承ください。

また配信の一時的な停止などは基本的に受け付けておりません(長期でお振込み頂いている方に限り、考慮します)。

私的使用の範囲を超える利用について

無断で転載・複写・改変・送信、その他私的使用の範囲を越えて利用することを禁止させていただいております。そのような行為が判明した場合には「配信停止」をさせていただき、法的措置を取らせていただいます。

ご利用にあたって

ゆたぽんの馬券生活協同組合への入会は、利用者自らの判断と責任において行うものとし、当サービスにより被った損害について一切の責を負わないものとします。