@h_r_p_studio さんの写真。)

ユニコーンステークス2018の予想考察です。

ユニコーンステークス2018の出走予定馬は、ルヴァンスレーヴ、グレートタイム、グリム、ハーベストムーンなど。東京競馬場ダート1600mで行われる3歳限定のG3戦です。

先週は全体的に流れが悪く、1週目とは対照的な結果に。特に日曜日の午前中の勝負レースだった◎ユーデモニクス(7番人気4着)、◎フィアットルクス(10番人気4着)の4着が痛かったですね。これまでの経験から4着が続くと、その後は苦戦することが多く、先週の日曜日はまさにそんな1日でした。逆に2週前はオーマイガイ、メイショウブレナムが4着馬とクビ差の3着で当たるなど、当たりとハズレは本当に紙一重だなと。

今週からは待望の函館開催が開幕!函館が始まるといよいよ夏競馬が始まるなってワクワクしますね(^^)/

函館開幕週は内、前が強烈に有利になりやすいですし、ダートも基本的には前に行ったもん勝ち。自分の予想の得意なパターンになりやすいので、開幕週からスタートダッシュしたいですね。また今週も頑張りましょう!

LINEでは1日1頭、厳選軸馬を配信しています。

友だち追加

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

ユニコーンステークス2018の予想のポイント

短距離馬がレースを作り、直線は追い比べに

ご存知の通り、JRAの2、3歳のダート路線は整備されておらず、2歳戦がスタートしてから最初に行われるダート重賞がこのユニコーンステークス。

オープンまで出世した馬にとっては距離が長くても短くてもユニコーンステークスに出走するしか選択肢がなく、短距離馬が出走してオーバーペースを刻むため、例年ハイペースになるのが大きな特徴。

昨年はシゲルコング(15着)、テイエムヒッタマゲ(16着)が玉砕覚悟の逃げを打ち、前半600mを34.1秒で通過。前後半の800mは46.4-49.5と完全な前傾ラップでした。昨年だけではなく、過去5年を見ても前傾ラップではなかったのは13年しかありません(それでも前後半の800mは48.1-47.9)。

前々で押し切れないわけではないですが、追われてからしっかりと伸びる馬に有利になりやすいレース。過去5年のユニコーンステークス3着以内馬を見ても、上り上位の馬がよく3着以内に好走しています(以下参照)。

◆過去5年のユニコーンステークスの3着以内馬

過去5年で上り1、2位をマークした馬は、

【3.2.3.3】(勝率27.3%、連対率45.5%、複勝率72.7%、単回収率149%、複回収率190%)

馬券圏外に敗れた3頭もあと一歩で馬券圏内までの走りを見せており、位置取り関係なく速い上りをマークした馬が上位争いしています。3歳限定戦なのでまずは能力比較を重視すべきですが、その上で決め手のある馬を狙っていきたいですね。

ユニコーンステークスの2018の予想オッズ

予想オッズも書いていきます。

人気 馬名 単勝オッズ
1 ルヴァンスレーヴ 2.3
2 グリム 4.7
3 グレートタイム 5.0
4 ハーベストムーン 9.8
5 レピアーウィット 14.0
6 コマビショウ 17.4
7 ヒラボクラターシュ 20.6
8 バイラ 28.0
9 プロスパラスデイズ 31.8
10 シヴァージ 35.3

1番人気はルヴァンスレーヴで当確。前走伏竜ステークスで初黒星を喫しましたが、レース内容は決して悪くなく、人気を落とすことはないでしょう。東京ダート1600mも経験済みで、やや抜けた人気になるか。単勝は2倍台前半と予想します。

2番人気はグリム。前走青竜ステークスは伏兵の立場でしたが、スマハマ、オメガパフュームを下して勝利。当時の3着オメガパフュームは先週の加古川特別を制しましたし、青竜ステークスを勝利した価値も高まりそう。今回は人気馬として出走することになるでしょう。単勝は4台倍後半でしょうか。

3番人気はグレートタイム。元々が人気を集めやすいタイプではありますが(名前が強そうだから?)、今回は岡田騎手→ルメール騎手の鞍上強化で確実に売れそう。実績ではグリムのほうが上ですが、差のない人気になりそう。単勝は5倍台前半と見ています。

以下、ハーベストムーン、レピアーウィット、コマビショウ、ヒラボクラターシュ、バイラ、プロスパラスデイズ、シヴァージと続くでしょうか。レピアーウィット以下は抽選対象でもあるので、そもそも出走できるかがカギになりますね。

ユニコーンステークス2018のイチオシ馬は…

ユニコーンステークスは例年堅めの決着が多いレース。過去5年の勝ち馬はすべて3番人気以内。今年も上位人気から勝ち馬が出るのではないでしょうか。ルヴァンスレーヴは強敵ですが、負かす可能性が最も高いのは、

グリム

でしょう。

前走青竜ステークスは負かした相手(スマハマ、オメガパフューム)を考えれば、非常に価値の高い一戦。ルヴァンスレーヴは瞬時に加速できるタイプではないので、ペース次第では前にいるグリムがルヴァンスレーヴの追撃を振り切るシーンは十分にあるのではないでしょうか。

以上、ユニコーンステークス2018の予想考察でした。

【PR:今週はユニコーンSと函館スプリントSでG3W勝負!】

今週末はユニコーンSと函館スプリントSです。
そして、来週は宝塚記念。

そこからは夏競馬に突入し、G1は9月のスプリンターズSまでお休みです。
とりあえず、2018年の前半戦をしっかり終わらせるという意味でも勝っておきたいところではあります。

そこで紹介したいのがAPLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、先週の東京8R。

6/10 東京8R
3歳以上500万下
三連単12点✕1000円
的中 615,100円

7番人気のウインシトリンが1着になったレースでしたが、これを12点で的中。
2着、3着は1番人気⇒4番人気だったので、5頭BOXで的中というなら難易度は低いレースですが、
12点での的中は凄いです。

同じく、先週の阪神4R。

6/10 阪神4R
障害3歳以上 オープン
三連単12点✕1000円
的中 5,032,700円

4番人気⇒10番人気⇒9番人気で決着したレース。
正直、予想はかなり難しいレースでしたが、こちらも12点で的中。

1番人気7着・2番人気9着・3番人気12着と上位人気馬が壊滅したレースだったので、
無難に人気馬から攻めていたら爆死していたことでしょう。

そこをしっかりと穴を見抜きたったの12点買いで的中させたAPLI(アプリ)の実力は評価しなければならないでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、
本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

>>APLI(アプリ)
※メールアドレスだけで登録可能です