@h_r_p_studio さんの写真。)

セントライト記念2017の予想考察です。

セントライト記念2017の出走予定馬は、アルアイン、セダブリランテス、サトノクロニクル、クリンチャー、ミッキースワローらが出走。中山競馬場芝2200mで行われる3歳限定のG2戦。上位3着までに菊花賞への優先出走権が与えられるトライアルレースです。

まずはいつも通り、先週の結果報告から…といきたいのですが、その前に

祝・コリアカップ&スプリントの日本馬ダブル勝利!


(コリアカップのパドックにて撮影)

現地に来ただけに喜びもひと塩。馬券のほうもダブルでブチかまして最高の遠征になりました。馬が強かったのはもちろん、武豊騎手、岩田騎手のレース運びも完璧でしたね。二人の騎手のいいところが全面に出た騎乗だったと思います。

これで来年の日本馬の参戦もほぼ確定的。「賞金が高い(コリアカップの1着賞金は5700万)」、「距離的に近い」、「馬場も合う」、「レースレベルが低い」と遠征するメリットが揃っているわけですから、ダートのオープンクラスで勝ち切れない馬にとって参戦しない理由はなにもないでしょう。逆に来年は日本からの参戦馬が多くなることによって簡単に勝てないレースになる気がします。

韓国は東京から約2時間。よく考えたら沖縄よりも近いわけで、私自身もまた来年も遠征したいなと思いました。観戦記などはまた後ほどサイトに掲載いたします。

肝心のJRAは、重賞が3戦1勝で紫苑ステークスが的中。平場は全体的に苦戦するも、土曜日に大きい当たりが2つあったおかげでなんとか粘り切れた感じ。ただ全然的に満足のいく結果ではなかったので、今週は3日間開催ですし、スカッと終われるような結果を残したいですね。

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。(お申込み日から30日間は490円でご購読いただけます)。

メルマガを購読する(登録日から30日間は490円です)

セントライト記念2017の予想のポイント

その1.持続力が問われる中山芝2200m

セントライト記念が行われるのは中山芝2200m。同舞台はご存知の方も多いかと思いますが、中山1800mや2000mと違って外回りで行われるコースです。

1800mや2000mの内回りではあれば、コーナーがきついので、器用さやギアチェンジ力が要求されますが、2200mは外回りで2、3コーナーが緩やかな分、一定のペースを淡々と刻むことが多く、持続力が要求されます(前半にスローペースで流れても後半はロングスパート戦になり、持続力が問われるレースになりがち)。

このセントライト記念の好走馬を見ても、天皇賞(春)2着トーセンラー、天皇賞(春)を連覇したフェノーメノ、菊花賞2着スカイディグニティ、菊花賞&天皇賞制覇のキタサンブラック、スタミナ型の差し馬のイメージしかないディーマジェスティなど、持続力に長けた馬の名前がズラッと並んでおり、持続力勝負に強いかどうかがひとつカギになっています(以下参照)。

◆過去5年のセントライト記念3着以内馬(14年の新潟開催を除く)

まあ強い馬が強い競馬をしているだけとも言えるんですけどね(笑)

ただその強い馬の中でも特に持続力勝負に強いかどうかの見極めが重要になります。

その2.父か母父にロベルトが入っていればプラス

以下にまとめたのは過去5年のセントライト記念の3着以内馬の血統です(新潟開催の14年を除く)。

◆過去5年のセントライト記念3着以内馬の血統(14年の新潟開催を除く)

パッと見て気づくのは、父か母父にロベルトの血を引いた馬の好走が目立つこと。12年2着スカイディグニティ、13年1着ユールシンギング、16年1着ディーマジェスティ、同年2着ゼーヴィントが父か母父にロベルトを持っていました。

ただ昨年はロベルトの血を持った馬がたくさん出走し、馬券に絡んだのは1番人気ディーマジェスティと2番人気ゼーヴィントのみ。13年ユールシンギングも普通に上位人気に推されていましたし、ロベルトの血があれば、少し強調できるくらいの感覚でいいかもしれません。

セントライト記念2017の予想オッズ

予想オッズも書いていきます。

人気 馬名 単勝オッズ
1 アルアイン 2.7
2 セダブリランテス 5.8
3 サトノクロニクル 8.5
4 ミッキースワロー 11.0
5 クリンチャー 18.2
6 プラチナヴォイス 30.8
7 サーレンブラント 33.0
8 イブキ 35.2
9 ロードアルバータ 40.5
10 ローリングタワー 43.3

予想オッズも書いていきます。

1番人気はアルアインで確定的。距離が不安視された日本ダービーでもまずまず健闘しましたし、中山芝2200mに変わっても評価を落とすことはなさそう。鞍上も今回からルメール騎手が乗りますし、やや抜けた1番人気に推されるのは間違いないでしょう。単勝は2倍台後半と見ます。

2番人気はセダブリランテスでしょう。デビューから無傷の3連勝。まだキャリア3戦で半信半疑ですが、母父はブライアンズタイムで、セントライト記念にいかにも向きそうな馬。玄人層的には「買いたくないけど、買わざるを得ない」的な評価を受けそうで、まあ人気にはなるでしょうね。単勝は5倍台後半と見ます。

3番人気はやや難解もサトノクロニクルか。ラジオNIKKEI賞は6着に敗れましたが、1番人気に推された馬。デビュー以降、すべて1番人気という人気になりやすいタイプですし、前走の敗戦だけで人気を一気に落とすことはないはず。単勝は8倍台後半くらいでしょうか。

以下、ミッキースワロー、クリンチャー、プラチナヴォイス、イブキ、サーレンブラント、ロードアルバータ、ローリングタワーと続きそうです。

セントライト記念2017のイチオシ馬は…

ここは個人的に好きな馬が多くて楽しみな一戦。月曜日は中山競馬場に行く予定なので気合いも入ります。現時点で本命候補は何頭かいるのですが、楽しみなのは、

ミッキースワロー

です。

京都新聞杯でも本命に推しましたが、当時は上りの速い競馬に対応できなかった印象。その意味で淀みのないペースになりやすい中山芝2200mはベスト条件といっていいでしょう(実際に未勝利では同舞台でロングスパートから突き抜けた)。前走いわき特別もゴール前の伸び脚が際立っており、完全に差し遅れでした。

今回は鞍上が横山典弘騎手。ある意味で難しいですが、常識的にはプラスに捉えて良さそう。権利を取れないと菊花賞への出走が叶わない立場ですし、鞍上も気合いが入るのでないでしょうか。

以上、セントライト記念2017の予想考察でした。

セントウルS(GⅡ)で36万の的中!9月も絶好調は継続中!

8月の勢いをそのままに、9月も絶好調な競馬予想サイトがあります。
それが、はRANKING(ランキング)というサイトです。

信じられないほど的中率が高く、さらに高配当の的中を連発しています。

下記は最近の的中実績の一部ですが…

※キャンペーン情報
2017年09月09日 阪神01R 2歳未勝利
三連単(30点✕300円=9000円投資)
的中 08-07-09 払戻金額 823,140円

※キャンペーン情報
2017年09月09日 中山04R 障害3歳上未勝利
三連単(10点✕100円=10000円投資)
的中 06-09-07 払戻金額 1,038,700円

※キャンペーン情報
2017年09月10日 中山04R 2歳新馬
三連単(12点✕500円=6000円投資)
的中 05-07-11 払戻金額 1,811,900円

※全関係者一押し情報(三連単・WIN5担当)
2017年09月10日 阪神11R セントウルS(GⅡ)
三連単(24点✕1000円=24000円投資)
的中 07-06-13 払戻金額 368,100円

当たりまくってます。

私は9月10日の全関係者一押し情報に参加していたのですが…
見事に36万以上稼ぐことができたので
大満足ですw

セントウルSでここまで稼げるとは思っていなかったので素直に嬉しいです。

無料情報も充実していて、「本当にこれが無料なの!?」って感じのレベルでバンバン的中しています。
正直、RANKINGには稼げる要素しかありません。

是非、一度お試し下さい!!

>RANKINGオフィシャルサイト(無料で買い目の提供もあります)