@h_r_p_studio さんの写真。)

札幌2歳ステークス2019の予想です。

札幌2歳ステークス2019の出走馬は、ゴルコンダ、ダーリントンホール、サトノゴールド、コンドゥクシオン、レザネフォールなど12頭。札幌競馬場芝1800mで行われる2歳限定のG3戦です。

今週で夏競馬もいよいよラスト!

今夏は大きい当たりも何度かあり、全体的にはまずまずだったと思います。このままいい流れで秋競馬に向かうためにも最後もいい形で締めたいですね。

馬場は開催後半らしく3場ともにタフ化しており、個人的にこういう馬場は好みなので今週末も楽しみ。先週でいえば、小倉芝1200mはイメージ通りにハマるレースが多かったです(以下参照)。

**********************************************

≪小倉1レース 2歳未勝利 勝負度C(自信度★★☆☆☆ 妙味度★★★★☆)≫

◎②メイショウユリシス(5番人気3着
○⑪ミーアシャム<堅軸>(1番人気1着
▲⑩マイレリーフ(3番人気2着
△⑤オークレイコート
△⑧グレースオブナイル<次走注目>
△③ハルハアゲボノ

本命はメイショウユリシス。新馬のトリプルエース組では3着ミーアシャムから0.3秒差の5着に健闘。しかもスタートで大きく遅れた上、直線では鞍上がほぼ流しており、パフォーマンス的にはミーアシャムと同等もしくはそれ以上のものがあった。今回はそのミーアシャムが抜けた1番人気に推さる一方、本馬は5~6番人気想定。新馬のパフォーマンスが逆転可能な範囲なら狙うべきはこちらの方だろう。ここは若手騎手が多く、序盤から飛ばしそうなので、冷静に乗れる秋山騎手も良さそうだ。

相手は当然ながらミーアシャム。前走は軽量の勝ち馬に逃げ切られてしまったが、本馬自身も最後までしっかりと伸びており、決して悲観する内容ではなかった。今回はメンバー的にも勝ち負け必至だろう。

馬券は3連複でメイショウユリシス、ミーアシャムから印を打った馬へ流したい(ワイド1点でもOK)。本線はオークレイコートまで。あとは馬連、馬単を押さえる。3連単はメイショウユリシス、ミーアシャムのワンツーで決まる組み合わせを買いたい。

【参考買い目】

3連複:◎ー○ー▲△△△(4点)…本線はオークレイコートまで 本線17.3倍的中

馬連:◎ー○(1点)

馬単:◎→○(1点)

3連単:◎○→◎○→▲△△△(8点)

≪小倉1レース 2歳未勝利 勝負度D(自信度★★☆☆☆ 妙味度★★★☆☆)≫

◎⑥スマートアペックス<堅軸>(1番人気3着
○⑩コウエイバクシン(4番人気1着
▲①ルガーサント
△⑤シゲルミズガメザ<次走注目>(5番人気1着
△④マリスドランジュ

本命はスマートアペックス。前走は3着馬に4馬身差をつけての2着で、負けた相手(次走フェニックス賞3着)がやや悪かった。今回はメンバーレベル弱化、スムーズに運べそうな枠順を引き、勝ち上がる番と見ていいだろう。

相手はコウエイバクシンが面白そう。新馬は出遅れた後に一気に前目の位置を取りにいき、終始外目4番手を回らされる厳しい展開。4コーナーで早く動いた影響も大きく、直線でもうひと伸び出来なかったのは仕方がない。今回はJRAの和田騎手に乗り替わり、今の馬場なら間違いなくプラスな大外枠をゲット。前進する要素が大きく、時計を一気に詰めてきそうだ。

次走注目馬のシゲルミズガメザは前走暴走気味のペースなので負けて強しの競馬も、今の差し馬場だとこの手のタイプは積極的に買うべきではないか。

馬券は3連複でスマートアペックス、コウエイバクシンから印を打った馬へ流したい(ワイド1点でもOK)。本線は印上位3頭の組み合わせ。あとは馬連を押さえる。

【参考買い目】

3連複:◎ー○ー▲△△(3点)…本線は印上位3頭の組み合わせ 22.9倍的中

馬連:◎ー○(1点)

≪小倉6レース 未勝利 勝負度D(自信度★★☆☆☆ 妙味度★★★☆☆)≫

◎⑭トウケイココノエ(7番人気1着
○⑥ラハイナヌーン<堅軸>(1番人気2着
▲⑫ジョーカリン<次走注目>
△⑩ステラバローズ
△⑪プロポーズ
△⑮グレーフィンソニア
×⑰ブラボーフェスタ(13番人気3着
×⑱スマッシングハーツ

本命はトウケイココノエ。ハイレベルな函館開催で黛騎手が騎乗し続け、勝ち馬から僅差の競馬を続けてきた馬。今回はメンバーレベル弱化、今の馬場にとって理想的な外目の枠を引けたので、上位争いに加わってくるのではないか。上位人気に推されている馬がほとんど先行脚質なので、しっかりと差し脚があるのは魅力。

相手はラハイナヌーン。いくら差し馬場でもこのメンバーでは時計がアタマひとつ抜けており、逃げ、先行勢が総崩れにならない限り、粘り込めるはず。前走で馬体重が大きく減っていたので、出来れば、キープして欲しいところ。

ジョーカリンは近2走が不本意な競馬。3走前にはイメル(現2勝クラス在籍)と互角の競馬を演じており、スムーズな先行策を打てれば、ガラリ一変していい。番手からでも粘り込んだ経験があるので、決して逃げ一辺倒ではないはず。

馬券は3連複で1列目にトウケイココノエ、2列目にラハイナヌーン、ジョーカリン、3列目に印を打った馬へ流したい(ワイド2点でもOK)。本線はラハイナヌーン絡み。あとは馬連、馬単を押さえる。

今の馬場と函館のレースぶりからトウケイココノエはいかにも走りそうなので、勝負度Cにするか迷いましたが、鞍上にそこまでの信頼度がなく、勝負してハズれた時の後悔が大きそうなので、泣く泣く勝負度Dにしておきます(ワイドor3連複の合成オッズでトウケイココノエ、ラハイナヌーンで5倍以上なら勝負したいですが、そこまで甘いオッズにはならないか)。

【参考買い目】

3連複:◎ー○▲ー○▲△△△××(11点)…本線はラハイナヌーン絡み 本線311.7倍的中

馬連:◎ー○▲(2点)

**********************************************

小倉芝は明らかに外からの差しが利きやすい状態で、今週末も似た傾向が続くでしょう(天気の影響もあり、先週以上にタフ化しそう)。特に小倉芝1200mは枠順バイアスが出やすいため、今週末も決め打ちしてズドンと当てたいですね。もちろん札幌、新潟芝も傾向がハッキリと出ているので、そちらもしっかりと狙いを定めていきたいと思います。

夏競馬最後を満喫しつつ、ぜひいい結果で終わりましょう(^^)/

8月31日(土)の平場の勝負レースはこちらから(予想は当日の9時ごろに掲載します)。

LINEでは1日1頭、厳選軸馬も配信しています。

友だち追加

続きはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

札幌2歳ステークス2019の予想です

札幌2歳ステークスといえば、古くはジャングルポケット、サクラプレジデント、アドマイヤムーン、ロジユニヴァースなどが勝利し、クラシックへの登竜門的なレースだったが、2歳重賞の増設や2歳新馬戦の実施時期が早まったことにより、クラシックへのローテーションがバラエティに富み、この札幌2歳ステークスのレースレベル自体は年々落ちている。

過去5年の勝ち馬はブライトエンブレム、アドマイヤエイカン、トラスト、ロックディスタウン、ニシノデイジー。ニシノデイジーを除く4頭はこの札幌2歳ステークスが最初で最後の重賞制覇だった(ニシノデイジーも3歳になって低迷)。今年もクラシックに直結するかは怪しいメンバー。現時点での完成度の高さが問われるレースになりそうだ。

本命はゴドルフィンが送り込むダーリントンホール

新馬は2ハロン目以降、12秒台前半のラップが淡々と続く中、好位からノーステッキで楽々と抜け出す競馬。まだまだパフォーマンスを上げられそうな走りで、なかなか奥のある勝ちっぷりだった。血統的に中央場所では切れ負けしそうだが、札幌開催最終週のタフな芝は大歓迎。前にゴルコンダという目標を置けるのも強みで、ここは差し切りまで期待したい。

相手は前走が圧巻のパフォーマンスだったゴルコンダ

前走未勝利は2着以下の馬が弱過ぎた面はあるものの、1分48秒3の2歳コースレコードで圧勝。例年の札幌2歳ステークスの勝ち時計は1分49秒台後半~50秒台で、単純な時計だけの比較なら前走ですでに札幌2歳ステークスを勝てるだけのパフォーマンスを見せたといえる。ただし、今回は開催最終週でスピードよりスタミナが問われる条件。前走のパフォーマンスを真に受けるのはやや危険だろう。とにかく期待値の低いヴィクトワールピサ産駒の重賞挑戦というのも気になる材料(同産駒の重賞成績は通算【4.11.4.85】勝率3.8%、連対率14.4%、複勝率18.3%、単回収率24%、複回収率43%)。ルメール騎手なのでソツなく乗ってきそうだが、決してオッズほど1強ムードではない。

3番手は道営のヨハネスボーイ

前走クローバー賞はJRAからの出走馬が2頭(そのうち1頭は未勝利馬)で、オープン特別としての体をなしていなかったが、直線で大外から力強く伸び、レースとしては見どころがあった。母系からはデュランダル、プリンセスメモリーらが出ており、芝で走れる下地があったのだろう。前走のレースぶりなら距離延長は問題なさそう。JRA勢のレベルは決して高くないので、舐められるなら意外と面白いのではないか。

レザネフォールは新馬が血統馬らしく味のある勝ちっぷり。牡馬にしてはこじんまりしているので、タフな馬場に対応できるかがカギも、池江厩舎は2歳重賞での成績が良く(札幌2歳ステークスでも15年2着プロフェット、18年3着クラージュゲリエを輩出)、厩舎力で好走で導いてくるかもしれない。

コンドゥクシオンは福島芝1800mの新馬を勝利。2着馬との着差はわずかだったものの、まだ奥の深さがありそうな走りだった。母系は活躍馬の多い名牝・ダイナカールの系統。血統的な潜在能力を考えると、押さえておいて損はないだろう。

ディアセオリーは福島デビューで地味な存在だが、荒れた福島芝で早めに動いて押し切ったのは素直に評価して良さそう。上位2頭にガチンコで先着できるかは微妙も、そのほかの馬とは大きな差がないはずだ。

アールクインダムは新馬のペースが遅過ぎたので能力が読めないものの、3、5着馬が次走未勝利でワンツーフィニッシュを果たしており、負かした相手は決して弱くなかった。鞍上が引き続き横山武史騎手ならハナ主張は間違いなく、展開に再度恵まれれば、粘り込みがあるかもしれない。

サトノゴールドは新馬が前半1000m通過66.7秒で調教のようなレース。3着コスモシャルドネ以下は次走で惨敗しており、レースレベルに疑問が残る。ゴルコンダ、ダーリントンホールと並んで3強ムードになりそうだが、飛ぶ可能性が最も高いのは本馬だろう。

札幌2歳ステークス2019の印です

◎①ダーリントンホール
○⑩ゴルコンダ
▲④ヨハネスボーイ
△⑤レザネフォール
△③コンドゥクシオン
△⑨ディアセオリー
×⑫アールクインダム
×⑪サトノゴールド

以上、札幌2歳ステークス2019の予想でした。

【PR:遂に業界最高水準の情報公開が決まりました!!】

「ブラッドホース」という競馬情報サイトなのですが、

ここの情報がまぢでヤバイ!と巷で噂になっています!!

ブラッドホースの武器は何と言ってもあのヌーヴォレコルトを育てた小松美彦厩務員が監修しているということ!

だからこそ業界中枢にまで張り巡らされた独自のコネクションを築くことに成功!!

そうなったらどうなるかはもうお分かりですよね?

これにより激走馬・穴馬を網羅!ただの的中はもちろん、高配当獲得を狙うことが可能に!

簡単に言ってますけど、これかなりヤバいことなんですよwww

実際、近走の的中実績もちょっと考えられないレベル!

これが毎週のように繰り返されるのですからそりゃ人気必至ですよ!!

しかも・・・無料登録で厳選情報をお届けしてくれるのですから

えっ?もう競馬は当たりまくり?なんて思ってしまいます!

皆さんこういうのを何て言うか知ってますか?

『登録しないほうが損なのです!』

勝ちへ拘ったからこそ強力な情報網を確立。

しかも無料登録サービスをはじめた今がはっきり言ってチャンスでしょう。

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!