@h_r_p_studio さんの写真。)

日経新春杯2019の予想考察です。

日経新春杯2019の出走馬は、グローリーヴェイズ、メイショウテッコン、ムイトオブリガード、アフリカンゴールド、ルックトゥワイスなど。京都競馬場芝2400mで行われるハンデ・G2戦です。将来性豊かな馬がそろい、天皇賞(春)を占う意味でも重要な一戦になりそうですね。

2019年の開幕週お疲れさまでした!

昨年の開幕週は3連複16万馬券が的中し、幸先のいいスタートを切れましたが、今年はなんとも歯がゆい結果に終わりました。

東西金杯の結果がすべてを物語っていた気がします。

中山金杯
1着○ウインブライト(次走注目、3番人気)
2着▲ステイフーリッシュ(7番人気)
12着◎マウントゴールド(1番人気)

京都金杯
1着◎パクスアメリカーナ(1番人気)
2着▲マイスタイル(次走注目、5番人気)
4着○アドマイヤマーズ(7番人気)

中山金杯は痛恨のタテ目(しかもウインブライトはマイルチャンピオンシップが終わった後、中山金杯で!と書きながら)、京都金杯は1→2→4着でハズレ。

ほかのレースも似たようなハズれ方が多く、日曜日は少し盛り返せましたが、馬券の的中と不的中は本当に紙一重だなあと感じました。

それでも人気過剰だと思いつつもマウントゴールドに本命を打ってしまったこと、タフ馬場で警戒すべきステイゴールド産駒のミエノサクシードを拾えなかったことを反省しつつ、また気持ちを新たに今週の3日間開催に挑みたいと思います。3日間開催はどこかでドカンと当たることが多いので、また週末を楽しみにしましょう。

あとこれはメルマガ読者の方向けですが、次走注目馬、堅軸馬、単妙味、厳選軸馬(LINE)の結果を重賞のパーフェクトファイルのページに毎週アップすることにしました(以下参照)。

◆次走注目馬【1.2.0.5】(勝率12.5%、連対率37.5%、複勝率37.5%、単回収率105%、複回収率106%)

◆堅軸馬【5.1.0.3】(勝率55.6%、連対率66.7%、複勝率66.7%、単回収率114%、複回収率80%)

集計結果は一定期間が経ったらまたメルマガ内でお伝えいたします。

今週は3日間開催、3重賞、4オープン特別。気合い入れて頑張って参ります!

LINEでは1日1頭、厳選軸馬を配信しています。

友だち追加

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

日経新春杯2019の予想のポイント

その1.今年はタフな馬場で持久力が問われる!?

開幕週の京都開催。

例年この開催の開幕週は内枠反則馬場になりがちですが、今年はどこを通っても伸びるイメージ。それよりも注目したいのは、時計の出方と好走馬のキャラ。レース後の騎手のコメントを見ても、「馬場が合わなかった」という声がチラホラあり、良馬場でも非常にタフな馬場だったことが分かります。

京都金杯ではステイゴールド産駒のミエノサクシードが3着に入って波乱を演出し、万葉ステークスではナカヤマフェスタ(父ステイゴールド)×タニノギムレットのヴォージュが逃げ切り勝ち。シンザン記念ではヴィクトワールピサ×ロージズインメイのマイネルフラップが10番人気2着と激走しました。

基本的にタフ馬場適性がないディープインパクト産駒は【1.0.1.7】(勝率11.1%、連対率11.1%、複勝率22.2%、単回収率25%、複回収率28%)。3着以内に入ったのも9頭立て3番人気3着のアドマイヤアゼリ、6頭立ての福寿草特別で1番人気1着のロジャーバローズのみ。出走した9頭がすべて人気以下の着順に敗れていました。

タフな馬場での持久力勝負に対応できるか

今年の日経新春杯でまず大切なのはこの視点でしょう。

その2.勢いのある現4歳勢(旧3歳勢)に乗るか

先週の中山金杯の予想考察記事でも書きましたが、昨年の12月以降、現4歳馬(旧3歳馬)が出走した重賞すべてで4歳馬が馬券に絡んでいます(以下参照)。

◆昨年12月以降の重賞における3歳馬の成績

※12月1日のチャレンジカップのみ映っていませんが、ステイフーリッシュが3着に好走しています。

先週の中山金杯ではステイフーリッシュが7番人気2着、タニノフランケルが9番人気3着と好走。京都金杯でもパクスアメリカーナが人気に応えて勝利を収めました。

今年の日経新春杯では上位人気に推されそうな4歳勢が何頭かいるので好走して当然といえますが、もし5歳以上の馬を軸に買うのであれば、相手には4歳勢を入れたいですね。

日経新春杯2019の予想オッズ

予想オッズも書いていきます。

人気 馬名 単勝オッズ
1 グローリーヴェイズ 3.7
2 ムイトオブリガード 3.9
3 メイショウテッコン 4.7
4 ルックトゥワイス 6.5
5 ノーブルマーズ 7.8
6 シュペルミエール 9.1
7 ウインテンダネス 12.2
8 アフリカンゴールド 13.0
9 ガンコ 15.3
10 ロードヴァンドール 19.5

1番人気はグローリーヴェイズでしょう。キャリア5戦の身で挑んだ菊花賞で見せ場たっぷりの5着に健闘。今回は鞍上がM・デムーロ騎手ですから普通に売れそうですね。単勝は3倍台後半を予想しています。

2番人気はムイトオブリガード。3連勝で挑んだアルゼンチン共和国杯では2着に好走。昨年は1000万下の身で挑んだ阪神大賞典以外は大崩れしていないですし、安定感から連軸ではこちらが1番人気になりそう。単勝はグローリーヴェイズと同じく3倍台後半くらいでしょうか。

3番人気はメイショウテッコン。キャラ的に人気になりにくいタイプですが、鞍上が開幕週だけで6勝もした好調・武豊騎手ならそれなりに売れてくるでしょう。お馴染みのメイショウ×武豊騎手のコンビですね。単勝は4倍台後半と予想します。

以下、ルックトゥワイス、ノーブルマーズ、シュペルミエール、ウインテンダネス、アフリカンゴールド、ガンコ、ロードヴァンドールと続きそうです。なかなか面白いメンバーですね。

日経新春杯2019のイチオシ馬は…

今年の日経新春杯は好メンバーがそろい、今年の古馬中長距離路線を占う意味でも重要な一戦になりそうです。現時点で本命視しているのは、

ルックトゥワイス

です。

詰めの甘さは現役屈指ですが、安定感も現役屈指。17年以降、馬券外に敗れたのは超スローペースで上り32秒台が求められたアルゼンチン共和国杯のみです。

メンバーを見渡す限り、末脚の持続力勝負になりそうですし、毎回確実に脚を使う本馬は好勝負間違いなしでしょう。父ステイゴールドは、京都金杯3着ミエノサクシードと同じ(万葉ステークスを逃げ切ったヴォージュも父父ステイゴールド)。今のタフな京都の馬場にはドンピシャでしょう。最終的に本命に推すかはともかく、軸としての信頼度は高いと見ています。

以上、日経新春杯2019の予想考察でした。

【PR:負けない競馬術!極上投資競馬!】

▼高的中率!高回収率の秘密を公開中!▼

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

関係者も驚愕する

業界唯一の買い目情報を公開!

個人競馬投資家に「最高の投資環境」が整いました。

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回ご紹介させて頂く「極上投資競馬」

私が知る限りどこよりも自信がある!と、豪語しており、

それ以上に結果を残しているサイトと言えます。

独自開発の競馬予想でありながら関係者さえも驚愕させるほどです。

■それは近走の的中実績を見ても一目瞭然です。

12/16・中山08R    40万320円的中
12/09・中京04R    25万7850円的中
12/02・阪神05R    19万9600円的中
11/25・東京02R    73万6650円的中
11/18・東京03R    59万9850円的中

しかも、この的中実績はほんの一部のものです。

他にも高額の的中は盛り沢山です!!

ご確認したい方はこちらからどうぞ!

【極上投資競馬の的中実績はこちら!】

以下が極上投資競馬で高的中率を出せる理由と言えるでしょう。

 

  • 競馬情報のプロ達が1日10時間以上を競馬研究に費やしている!
  • 内部関係者に本音の話を聞くため独自のパイプラインを構築!
  • 厳しい入社試験を通った優秀なスタッフを取りそろえたプロフェッショナル集団!

現状に満足していない「一般に出回らない裏情報に興味がある」…

などの場合は是非極上投資競馬をご利用してみてください!

今週は「日経新春杯」を勝負レースとして公開!

是非、無料登録し、関係者も驚愕するほどの的中率をご体感ください!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から極上の無料予想を受け取る