@h_r_p_studio さんの写真。)

JBCクラシック2018の予想考察です。

JBCクラシック2018の出走予定馬は、ケイティブレイブ、サンライズソア、オメガパフューム、ノンコノユメ、アポロケンタッキー、サウンドトゥルー、テイエムジンソクなど。京都競馬場ダート1900mで行われるG1戦です。

今年のJBCは初のJRA開催。地方ダートグレードというよりも事実上、JRAのG1って感じがしますね…。個人的に大井のG1は相性がいいので、JRA開催は残念ですが、どこかで一撃かましたいと思います。

先週の天皇賞(秋)は、

1着▲レイデオロ(2番人気)
2着△サングレーザー(4番人気)
3着×キセキ(6番人気)
8着◎ヴィブロス(7番人気)

◎ヴィブロスはピンかパーかのイメージだったので「2着以内」を前提に馬券を購入していましたが、無念の結果でした。

気分よく行き過ぎたといってもペースが速かったわけでもなく、あの流れなら伸びて欲しかったですね。昨年のエリザベス女王杯、今年の中山記念のヴィブロスを見ているようでした。状態面がいまひとつだったのかもしれません。

平場はダート長距離で

1着◎ユイノシンドバッド(5番人気)
2着△アドラメレク(4番人気)
3着○ファイトアローン(12番人気)

の一撃があったものの、全体的には全然ダメ。

土日で勝負度高め(C以上)で勝負した平場のレースは、

≪土曜日≫
◎キラープレゼンス(1番人気1着)単260 複120
◎メイショウヒボタン(2番人気1着)単520 複200
◎ヘニッヒ(5番人気5着)
◎コルデトゥリーニ(1番人気1着)単210 複110

≪日曜日≫
◎スカーレットベガ(7番人気4着)
◎グレートデー(1番人気6着)
◎ノーウェイ(1番人気2着)複140
◎トラストロン(4番人気2着)複170
◎パイルーチェ(1番人気1着)単300 複140
◎セルバンテスカズマ(4番人気2着)複250
◎ツクバクロオー(6番人気8着)
◎トリコロールブルー(2番人気3着)複130

という結果。

ご覧の通り単・複ともにベタ買いでも回収率は100%を超えているわけですし、どうもここ最近は本命馬が来ても相手で拾えない…というレースが多いですね。これを機に馬券の買い方を見直そうかなと考え中。本命馬が来れば馬券も当たる。そういうシンプルな買い方のほうがいいのかもしれません。

一方で土曜日の新潟6レースのような展開決め撃ちに近い予想(昨年のJBCレディスクラシックもそう)は、逃げ、先行馬だけ、外の差し馬だけのように決めて買うのがいいのかと。その辺に関して過去の結果を振り返りつつ、週中にもう一度じっくりと考えてみます。

昨年のJBCは○ララベル→◎プリンシアコメータ→×ラインハートで132万馬券が飛び出したレース。どの路線も主役馬不在の混戦ムードですし、今年も一撃狙っていきたいと思います。

LINEでは1日1頭、厳選軸馬を配信しています。

友だち追加

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

JBCクラシック2018の予想のポイント

勝ち馬は4コーナー2番手以内から

JBCクラシックの舞台は京都ダート1900m。同コースで行われる重賞といえば、平安ステークスなので、まずは過去5年の同レースの結果を振り返っていきましょう。

◆過去5年の平安ステークスの結果

特徴は逃げ、先行勢が強いこと

過去5年の3着以内馬15頭のうち10頭は4コーナー4番手以内。差し、追い込み勢は明らかに苦戦しているのが分かります。特に勝ち馬はすべて4コーナー2番手以内ですからね。前に行かないと勝ち切れません。

京都ダート1800mと京都ダート1900mの脚質別成績を比較しても、京都ダート1900mのほうが逃げ、先行勢が強く、競馬は前に行ったほうが有利なのは当たり前ですが、ペースに関係なく逃げ、先行勢から入るべきでしょう。

今年のJBCクラシックの出走予定馬を見ると、逃げ、先行勢がそろった印象ですが、だからといって差し、追い込み決着になりにくいのが同コースの特徴。逃げ、先行勢の中からどの馬がゴール板まで踏ん張れるかという視点で考えたほうがいいでしょう。

JBCクラシック2018の予想オッズ

予想オッズも書いていきます。

人気 馬名 単勝オッズ
1 ケイティブレイブ 2.7
2 サンライズソア 3.4
3 オメガパフューム 6.9
4 ノンコノユメ 8.0
5 アポロケンタッキー 8.8
6 サウンドトゥルー 10.1
7 テイエムジンソク 10.9
8 ミツバ 18.8
9 センチュリオン 24.0
10 クリソライト 28.6

1番人気はケイティブレイブ。詰めの甘い馬の印象はありますが、今年に入ってからは勝ち切るケースが多くなり、適性外かつハイペースに巻き込まれたフェブラリーステークスを除けば、川崎記念1着、ダイオライト記念1着、帝王賞2着、日本テレビ盃1着。つまりゴールドドリーム以外には先着を許していません。これでルメール騎手なら2倍前後のオッズになりそうですが、福永騎手の分、単勝は2倍台後半と予想します。

2番人気はサンライズソア。2走前の同コースで行われた平安ステークスを勝利し、前走シリウスステークスは負けて強しの競馬。なんといっても鞍上がG1・3連勝中のルメール騎手。ケイティブレイブに迫る人気になっても不思議ではありません。単勝は3倍台前半と見ます。

3番人気はオメガパフューム。前走シリウスステークスでは鮮やかな差し切り勝ち。今年の3歳ダート路線がハイレベルだと象徴するようなレースにもなりました。未知の魅力という意味では本馬に期待する人も多いでしょう。単勝は上位2頭からやや離れた6倍台後半くらいでしょうか。

以下、ノンコノユメ、アポロケンタッキー、サウンドトゥルー、テイエムジンソク、ミツバ、センチュリオン、クリソライトと続きそうです。

JBCクラシック2018のイチオシ馬は…

先週の天皇賞(秋)では週初めにレイデオロを推しながら最終結論では▲にして失敗。今週もシンプルに好走する可能性が高いと見ているのは、

ケイティブレイブ

です。

正直、弱点がないですね。暫定王者的な馬ではありますが、今年に入ってから中距離ではゴールドドリーム以外に負けていない事実は重い。同舞台で行われた2年前の平安ステークスは超ハイペースに巻き込まれながら5着(2着クリソライトから0.1秒差)の走り。舞台適性も高そうです。先週は福永騎手騎乗のヴィブロスに期待して裏切られましたが(厳密にいうと福永騎手が裏切ったわけではなく、私が勝手に期待しただけですが)、今週も福永騎手の騎乗馬に期待したいですね。

以上、JBCクラシック2018の予想考察でした。

【PR:元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン】

など、数々の情報元と独自の繋がりを持っており

新聞やテレビでは公開されない

本物の裏情報を基に的中を狙っていく。

今週も裏情報を基に的中を狙っていきます。

当然、登録頂いた方には今週から稼いで頂きます。

無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【先週も万馬券越えの馬券を多数的中!】

◆10月21日 京都11R「菊花賞」
◆3連単フォーメーション

1着:9-12
2着:7-9-12
3着:4-5-7-9-12

<結果:12-9-7>

獲得金額:1,005,900円

このような的中が数多く出るのですから
人気が出るのも納得の話ですよね。

あなたもキメルケイバを使って

「的中の虜」になってみませんか!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はどうやらJBCクラシックの情報を公開!

キメルケイバを利用しないと
正直損することもあるかもですよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://kimerukeiba.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【この機会に是非体感してみてください!】

無料登録>> こちらをクリック!