(函館といえばイカ!東京が暑すぎて涼しいところに避難したいです…)

函館記念2018の予想考察です。

函館記念2018の出走予定馬は、トリコロールブルー、スズカデヴィアス、サクラアンプルール、ブレスジャーニー、エアアンセム、ナイトオブナイツなど。函館競馬場芝2000mで行われるハンデ・G3戦です。

先週の七夕賞はビックリするほどの大荒れでしたね(^^;

私は◎マイネルサージュでしたが、結果はご存知の通りヒモ抜け(プロキオンステークスも◎インカンテーションでヒモ抜け…)。メドウラークはまだ理解できますが、パワーポケットにはビックリ。そのパワーポケットは3走前に障害戦に出走。先週はオジュウチョウサン、ヤマニンリュウセイと障害帰りがよく走っていたのでサインだったんですかね(笑)

全体的には◎ブレッシングテレサ、◎ツヅク、◎マコトモンジョワ、◎キタノナシラなど、中穴くらいの本命馬がよく勝ったのですが、馬券にそこまで繋げられず、煮え切らない結果。今週また頑張りたいと思います!

LINEでは1日1頭、厳選軸馬を配信しています。

友だち追加

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

函館記念2018の予想のポイント

立ち回り勝負になりやすい

函館記念といえば、思い出すのは◎マデイラの16番人気4着で悶絶した2016年。

当時、内と前で決め打ちしたのですが、結果は、

1着▲マイネルミラノ(3番人気)
2着○ケイティープライド(13番人気)
3着無ツクバアズマオー(9番人気)
4着◎マデイラ(16番人気)

とゴール手前でマデイラがツクバアズマオーに差されて悶絶。個人的に帯を初めて取ったのは今年の皐月賞ですが、このマデイラが3着なら初帯だった気がします。

結果は極めて残念でしたが、予想のアプローチとしてはそこまで間違ってなく、函館記念は過去3年の4コーナーの写真を見ても立ち回り勝負になりやすいレースなのです。

◆17年の函館記念の4コーナー

◆16年の函館記念の4コーナー

◆15年の函館記念の4コーナー

毎年のことですが、函館記念週はA→Bコース替わりなので、内をロスなく立ち回れたほうが有利なのでしょう。

巴賞の結果は無視してOK

巴賞は函館記念の前哨戦的な位置づけですが、巴賞→函館記念と連続して好走する馬はほとんどいません。過去10年、巴賞で2着以内に入った馬の函館記念成績は、

【0.1.0.14】(勝率0.0%、連対率6.7%、複勝率6.7%、単回収率0%、複回収率10%)

で馬券に絡んだのは08年1番人気2着フィールドベアーのみ。

例年、巴賞は10頭前後の少頭数で行われるのに対し、函館記念は16頭立ての多頭数(フルゲート割れは過去10年で一度のみ)。少頭数と多頭数では求められる適性が異なりますから、巴賞と函館記念の結果は直結しないのでしょう。

今年の函館記念に出走予定の巴賞連対馬はナイトオブナイツのみ。そこまで人気を集めない点を考えると、無理に消す必要はないかと思いますが、巴賞と函館記念は別物と考えるべきです。

函館記念の2018の予想オッズ

予想オッズも書いていきます。

人気 馬名 単勝オッズ
1 トリコロールブルー 3.9
2 スズカデヴィアス 4.6
3 ブレスジャーニー 5.3
4 サクラアンプルール 5.7
5 エアアンセム 8.8
6 ナイトオブナイツ 9.8
7 ブラックバゴ 12.6
8 マイネルハニー 13.4
9 クラウンディバイダ 28.8
10 ヤマカツライデン 33.3

1番人気はトリコロールブルー。今年に入って飛鳥ステークス→大阪城ステークスと連勝。前走鳴尾記念では3着に好走し、重賞でも通用するメドが立ちました。近走成績の良さ、鞍上のルメール騎手などから積極的に買われるでしょうか。単勝は3倍台後半と予想します。

2番人気はスズカデヴィアス。G2、G3の常連で前走新潟大賞典で重賞初制覇。以前は立ち回りを生かして粘り込むレースを続けていましたが、近走はすっかりと差す競馬が板についてきました。単勝は4倍台後半と見ます。

3番人気はブレスジャーニー。前走巴賞では1番人気5着と人気を裏切りましたが、前半1000m通過62.3秒のスローペースで決め手が生きずの敗戦。負けて強しのレースでしたし、巴賞の着順だけで人気が落ちることはないでしょう。単勝は5倍台前半くらいでしょうか。

以下、サクラアンプルール、エアアンセム、ナイトオブナイツ、ブラックバゴ、マイネルハニー、クラウンディバイダ、ヤマカツライデンと続きそうです。

函館記念2018のイチオシ馬は…

先週の七夕賞は12頭立ての少頭数でしたが、11→4→12番人気で決まり、3連複29万円、3連単256万円の大波乱。現在の芝中距離路線は宝塚記念でミッキーロケットが勝ち、ノーブルマーズが3着に好走できるレベルで、先週の結果を見ても展開ひとつで結果がガラッと変わると考えたほうが良さそう。函館記念も波乱含みでしょう。現時点の本命候補は、

ヤマカツライデン

です。

昨年の函館記念3着馬。あれから一度も馬券に絡んでいませんが、近5走のうち2走はG1、2走は逃げられずの敗戦。昨年の函館記念は低迷が続く中、一変したように今年も昨年の再現があってもいいでしょう。斤量は昨年55キロでしたが、今年は54キロ。現時点で鞍上が未定なのが気になりますが、行き切ってくれれば、昨年に続いての粘り込みがあるのではないでしょうか。

以上、函館記念2018の予想考察でした。

【PR:夏競馬は狙い目です。】

宝塚記念でG1は一段落しました。
ここからは夏競馬が本格化します。

夏競馬の時期は競馬予想サイトの売上が下がる時期です。
閑散期なので仕方がないことではあるのですが・・・

競馬予想サイトは売上の低下に歯止めをかけるため、
情報の精度を一段階上げてきます。

そんな中で紹介したいのがAPLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、6/24の函館8R。

6/24 函館8R
3歳上500万下
三連複10点✕3000円
的中 224,400円

5-6-13(6番人気-3番人気-2番人気)での決着でしたが、
この程度の波乱であれば当たり前のように的中してくれます。

そして、もちろん宝塚記念も・・・

6/24 阪神11R
宝塚記念
三連単30点✕1000円
的中 4,925,600円

ミッキーロケット⇒ワーザー⇒ノーブルマーズを読み切ったのは流石です。
7番人気⇒10番人気⇒12番人気ですかね。

大半の競馬予想サイトがサトノダイヤモンドを軸にして惨敗していましたし・・・
予想の精度は間違いなく業界トップクラス。
APLI(アプリ)の実力は評価しなければならないでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)公式サイト
※フリメだけで登録可能です