(函館のB級グルメといえば、ハセガワストアの焼き鳥弁当!)

函館2歳ステークス2018の予想考察です。

函館2歳ステークス2018の出走予定馬は、ナンヨーイザヨイ、アスターペガサス、スズカカナロア、ホールドユアハンド、ジゴロなど。函館競馬場芝1200mで行われる2歳限定のG3戦です。

先週は土曜日こそ微妙な結果でしたが、日曜日はよく当たり、大幅プラスで終了。

2週前の重賞は七夕賞◎マイネルサージュ、プロキオンステークス◎インカンテーションが好走しながらハズレてしまいましたが、函館記念は

1着◎エアアンセム(5番人気)
2着▲サクラアンプルール(7番人気)

のワイド、馬連が当たりました。

1万5000円購入して10万円ちょっとの払い戻しだったのでまずまずでしょうか。

ただ残念だったのは3着エテルナミノルを押さえられなかったこと。

今年の阪神牝馬ステークス、マーメイドステークスで本命を打っていただけに好走のタイミングを逃してしまったのは痛恨。冷静に考えれば、買える材料はあったと思うので反省ですね。重賞でこういうデカい馬券もそろそろと思っていたのですが、次のチャンスを逃さないようにまた今週から頑張っていきたいと思います。

LINEでは1日1頭、厳選軸馬を配信しています。

友だち追加

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

函館2歳ステークス2018の出走予定馬分析

函館2歳ステークスほぼキャリア1戦同士の対戦。レース傾向にあまり意味がないので、上位人気が予想される出走予定馬の分析を行っていきましょう。

ナンヨーイザヨイ

1回函館開催が始まって10日間が終了。2歳の芝1200mで最速時計をマークしたのが本馬。レースは五分のスタートを決めるとスッと2番手を確保し、直線では鞍上のゴーサインにしっかりと応えて逃げるマノラムを差し切った。新馬を見る限り、欠点という欠点が見当たらず、この手の馬でもコロッと負けるのが2歳戦の怖さではあるが、「今回も新馬並みのパフォーマンスを発揮する」とすれば、上位争いには加わってくるだろう。

アスターペガサス

函館芝1200mの新馬を1分10秒0と水準の時計で勝利。アスターペガサス組は4着ショウナンアリアナ、5着ニヴィアンが次走未勝利を勝ち上がっており、メンバーレベルはまずまずだった。完成度の高さでいえば、出走予定馬の中で上位と見ていいが、良くも悪くもマル外らしさを感じる馬(父はGiant’s Causeway)。2戦目で思わぬポカがある確率はほかの馬よりも高いだろう。軸にはしづらい。

スズカカナロア

函館芝1200mの新馬を1分11秒1で勝利。時計は出なかったが、稍重で時計のかかる馬場だったことを考慮すると、水準級の勝ち時計と判断していい。首の高い走法でいかにも短距離向きというタイプ。「奥深さ」や「上積み」という点では魅力を感じず、積極的に買いたい馬ではない。母系はスカーレット一族。将来的にはダート短距離で活躍しているのでは。

ホールドユアハンド

福島ダート1150mの新馬に出走。レースは五分のスタートからスッとハナに立つと、直線では2番手以下を突き放して完勝。見た目では強かったが、出走馬の質が高かったとはお世辞にもいえず、芝でどこまで走れるかは未知数。エスポワールシチー産駒はこれまで芝【0.1.1.24】に対し、ダート【13.13.13.91】と完全にダート寄り。芝に替わってパフォーマンスが落ちると考えるのが自然だろう。ルメール騎手騎乗で人気をそれなりに集めるなら買いたくない。

ジゴロ

新種牡馬パドトロワの仔。産駒として本馬がJRA初出走でいきなり初勝利を挙げた。レースはスタートこそひと息も二の脚を利かして先行すると、直線では鞍上が軽く促しただけで先頭に立ち、後続を見る見ると突き放していった。調教のようなレースだったので時計はまだまだ詰まりそう。魅力のある1頭ではあるが、2歳戦は派手な勝ち方をすると、実力以上に人気を集める傾向。馬券的には敬遠すべき存在ではあるか。

函館2歳ステークス2018の予想オッズ

予想オッズも書いていきます。

人気 馬名 単勝オッズ
1 ナンヨーイザヨイ 3.4
2 アスターペガサス 5.6
3 ジゴロ 5.9
4 スズカカナロア 6.4
5 ホールドユアハンド 10.8
6 カルリーノ 11.0
7 ロードワンダー 13.5
8 トーセンオパール 16.4
9 ガイセン 19.8
10 ラブリロンリロンス 24.3

1番人気はナンヨーイザヨイ。新馬の走破時計はアタマひとつ抜けており、勝ちっぷりも良かったので、1番人気は確実でしょう。単勝は3倍台前半と予想します。

2番人気はアスターペガサス。函館芝1200mの持ち時計は出走予定馬のなかで3番目の速さですが、1戦1勝と底を見せていない分、本馬が2番人気になりそう。単勝は5倍台後半くらいでしょうか。

3番人気はジゴロ。連闘での参戦ですが、勝ちっぷりが非常に良かったので人気を集めるはず。単勝はアスターペガサスと差がなく、5番台後半と見ます。

以下、スズカカナロア、ホールドユアハンド、カルリーノ(抽選対象)、ロードワンダー(抽選対象)、トーセンオパール、ガイセン、ラブリロンリロンスと続くでしょうか。

函館2歳ステークス2018のイチオシ馬は…

函館2歳ステークスは過去5年のうち4年で3連複万馬券が出ている波乱含みのレース。今年も上位人気勢に怪しい馬がチラホラいるので、伏兵の好走も十分にあるではないでしょうか。現時点での本命候補は、

カルリーノ

です。

新馬では1番人気が予想されるナンヨーイザヨイに敗れましたが、4-7-6の通過順を見ても分かる通り、1枠1番で流れに乗れなかったのが敗因。2戦目の未勝利も窮屈な競馬でしたが、直線でラチ沿いに進路を確保するとスッと抜け出して勝利。走破時計自体も優秀ですが、レースセンスの高さが光りました。馬格があるので(新馬、2戦目ともに484キロ)、外から末脚を伸ばす形に持ち込めば、パフォーマンスをさらに上げてきそう。新馬で敗れたナンヨーイザヨイとの逆転も十分にありえると見ています。とにかく2/3の抽選対象なのでなんとか通って欲しいですね(笑)

以上、函館2歳ステークス2018の予想考察でした。

【PR:夏競馬は狙い目です。】

宝塚記念でG1は一段落しました。
ここからは夏競馬が本格化します。

夏競馬の時期は競馬予想サイトの売上が下がる時期です。
閑散期なので仕方がないことではあるのですが・・・

競馬予想サイトは売上の低下に歯止めをかけるため、
情報の精度を一段階上げてきます。

そんな中で紹介したいのがAPLI(アプリ)という競馬予想サイトです。

まず、6/24の函館8R。

6/24 函館8R
3歳上500万下
三連複10点✕3000円
的中 224,400円

5-6-13(6番人気-3番人気-2番人気)での決着でしたが、
この程度の波乱であれば当たり前のように的中してくれます。

そして、もちろん宝塚記念も・・・

6/24 阪神11R
宝塚記念
三連単30点✕1000円
的中 4,925,600円

ミッキーロケット⇒ワーザー⇒ノーブルマーズを読み切ったのは流石です。
7番人気⇒10番人気⇒12番人気ですかね。

大半の競馬予想サイトがサトノダイヤモンドを軸にして惨敗していましたし・・・
予想の精度は間違いなく業界トップクラス。
APLI(アプリ)の実力は評価しなければならないでしょう。

堅いレースも荒れたレースも的中しているのはオッズに流されることなく、本当に走れる馬をしっかりと見抜いている何よりの証拠です。

もちろん、APLIはこれ以外のレースでも的中しています。
平均して土日で10〜15本は的中しているイメージです。

固く数万円の的中を拾う時もあれば、大きく100万超の的中を叩き出す時もあります。

無理をして高配当狙いをするのではなく、的中最優先な姿勢は好印象です。

「走る馬を見抜く」

基本的なことですが、それをしっかり実践しているAPLIは利用していてとても安心できます。
オッズで予想をするのではなく、後からオッズはついてくるものです。

無料予想も充実していますし、抑えておいて損はありません。
是非、チェックしてみてください。

APLI(アプリ)公式サイト
※フリメだけで登録可能です