菊花賞2015の出走予定馬と1週前展望です

(元画像はコチラです。@lunapark0531さん)

菊花賞2015の出走予定馬分析と1週前展望です。

菊花賞2015の出走予定馬は、リアルスティール、リアファル、キタサンブラック、サトノラーゼン、ワンダーアツレッタなど。京都芝3000mで行われる3歳限定のG1戦。クラシック最終戦です。昨年は◎サウンズオブアース▲ゴールドアクター△トーホウジャッカルで的中できたレースなので、今年も頑張ります!

その前に先週の振り返り。

府中牝馬S◎シャトーブランシュ(6番人気12着)
秋華賞◎タッチングスピーチ(2番人気6着)

全然ダメでした(汗)

youtube動画では、府中牝馬ステークスがノボリディアーナ&リメインサイレント、秋華賞がアースライズ推しだったので、そっちのほうがまだセンスのある予想でしたね。今週は個人的に大好きな京都の長距離戦。自分自身、かなり得意な条件なので、イベントもありますし、気合い入れて予想します。

さて『秋の競馬大会議』が3日後に迫ってきました!!

「イベントに参加するメリットはなにか?」を一言で申しますと、

競馬に対しての新しい発見がある

ことかなと思います。「新宿ロフトプラスワンで競馬のトークイベントを開催いたします!」でも書きましたが、現代競馬は新しいフェーズに入っています。そして時代の転換期だからこそ、いち早く新しい競馬観を身につければ、ほかの人より有利に立てます。

やや抽象的でふわっとした話ですが、当日にはできるだけわかりやすく、かつためになるようなお話をいたします。

イベントの最後には懇親会も行いますので、一緒にお酒を飲みながらお話しましょう。何でも気軽に聞いてください^^

※3日前なので、keiba.meeting@gmail.comあてに件名を「秋の競馬大会議申込み」と書き、本文に「名前、チケット枚数、性別」をご記入いただければ、予約完了とします!

『秋の競馬大会議』のお申込みページ

菊花賞2015の出走予定馬分析

リアルスティール

春のクラシックは皐月賞2着、日本ダービー4着。共同通信杯以降、勝ち切れないが、堅実な走りを続けており、前哨戦の神戸新聞杯も2着とまずまず。現代競馬に必要な立ち回り力があり、手先も軽い。京都の長丁場でも無難に対応しそうだが、血統的には1600~2000mが良さそうなタイプ。過信は禁物だろう。

リアファル

ダート路線を中心に歩んでいたが、芝に変わってマレーシアカップ→神戸新聞杯と2連勝。一躍、菊花賞の有力候補に名乗り出た。しかも近2走は自身も上がり3位以内をマークしており、直線でもひと脚を使っている。不安があるとすれば、京都へのコース替わり。近2走はタフな中京、阪神コース。直線でリードを作らないと切れ負けする恐れが。

キタサンブラック

セントライト記念で重賞2勝目をマーク。6番人気の伏兵扱いだったが、皐月賞3着の実力を考えれば、過小評価だったと言っていい。馬格がありながら手先も軽い珍しいタイプで、京都へのコース替わりも意外と問題ないかもしれない。距離への対応さえできれば、楽しみはある。

サトノラーゼン

セントライト記念は初めて馬券圏外に敗れたが、チグハグな競馬になったため参考外。能力、操縦性、立ち回り力など総合力が高く、春先の安定した結果につながったのだろう。京都は2戦2勝を挙げている相性のいいコース。内枠を引いて立ち回りセンスを生かせれば巻き返し必至か。

ワンダーアツレッタ

春には詰めの甘さが目立ったが、ここに来て500万下→能勢特別と連勝。特に前走は能勢特別は追われてから力強く伸びて、2着馬に3馬身差をつける完勝だった。過去にデルタブルースなどが1000万下→菊花賞制覇を成し遂げており、ローテーション的には不気味。ただ速い脚を求められるとサンデー系に劣りそう。

菊花賞2015の1週前展望

今年は馬券的に非常に楽しみですね。

1番人気はリアルスティールだと思いますが、菊花賞がベスト条件ではないですし、外枠を引いたらバッサリ切りたいです。

リアファルも菊花賞は基本的に逃げ切りが難しいレースですし(セイウンスカイ以降、逃げ切った馬はいない)、後続勢が早めに動いてくると、立場的に苦しくなりそうです。

現時点では「結構荒れるんじゃない?」と思っております。

狙いたい馬はすでに決まっているんですが、それは木曜日のイベントでお話しましょう。

最後に菊花賞を勝利するのにとにかく大切なことを書いておきましょう。

大切なコト⇒A.人気ブログランキング25位前後です)

こういう競馬ができる馬、あるいは騎手は誰なのかという視点に立てば、勝ち馬が見えてくるかもしれません。

菊花賞2015の出走予定馬分析でした。

【PR:菊花賞の予想はこの男にお任せあれ!】


いよいよ今週は菊花賞が行われますね。

来週行われる菊花賞は距離が3,000メートルと非常に長く、
きちんとスタミナがある馬を狙えるかどうかが馬券的中のカギを握るため、
血統が重要な予想ポイントとなります。

そこで参考にして頂きたいのが、
血統評論家「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想。


栗山求氏とは・・

テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍。


抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家。

血統を基にした予想方法が得意で、競馬通信社でのコラム『血統SQUARE』の連載や

フリーライターとして雑誌や書籍などを手掛けるなど多くの経験をしてきた栗山求氏の

配合分析は有名である。

現在では『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』などに

連載を持っており、今年3月に発売されたパーフェクト種牡馬辞典2015-2016

では監修を務めている。

グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており、


抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は
血統評論家として日本を代表する存在である。

無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。登録後、「馬スピ特報 」というコーナーをご覧ください。
栗山求氏の菊花賞の予想は24日の夕方頃にUPされ、無料で見ることができます。
ちなみに有料予想は月額840円となります。


そんな栗山氏ですが、8月は5週連続で無料予想
で高配当を的中させていて今好調なんです!


8月1日(土)の新潟11R新潟競馬場開設50周年記念では
3連単82,090円をGET。

実際のPAT画面↓


8月8日(土)の札幌11R札幌日経オープンでは
3連単48,730円をGET。

実際のPAT画面↓

8月16日(日)の新潟11R関屋記念では
馬単6,580円をGET。

実際のPAT画面↓

8月22日(土)の新潟11R日本海ステークスでは
3連単28,700円をGET。

実際のPAT画面↓

先週8月29日(土)の新潟11R BSN賞では
3連単51,810円をGET。

実際のPAT画面↓


さらに4月のマイラーズカップでは9万馬券を的中。

実際のPAT画面↓

恐るべし栗山求氏の血統予想・・・

さらに栗山求氏は毎週水曜日に血統についての
コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!


是非今週末是は栗山求氏の血統予想を無料でお試しください!


今月は


10/24(土)東京11R 富士S(G3)

10/25(日)京都11R 菊花賞(G1)

10/31(土)京都11R 毎日放送賞スワンS(G2)

上記全てのレースの買い目を無料で見ることができます。

是非栗山求氏の買い目とコラムを参考にしてみて楽しんでください!

無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。
栗山求氏の菊花賞の予想は24日の夕方頃にUPされ、無料で見ることができます。

ちなみに有料予想は月額840円となります。