@h_r_p_studio さんの写真。)

若駒ステークス2019の予想です。

若駒ステークス2019の出走馬は、サトノウィザード、ヴェロックス、ブラヴァス、キングリスティアなど8頭。京都芝2000mで行われる3歳限定のオープン特別です。

重賞がない日はだいたいメインレースから1鞍選んで掲載していますが、今回はクラシックに向けて注目度が高い若駒ステークスにしました。

1月19日(土)の平場の勝負レースはこちらから(当日の9時ごろに掲載します)。

今週は月曜日まで競馬があったため、あっという間に金曜日が来た感じですね。毎週、ブログでは重賞の展望記事を書いていますが、今週はちょっとお休みして、週末にエネルギーを溜めさせて頂きました。ということであとは週末に爆発するのみです!

LINEでは1日1頭、厳選軸馬も配信しています。

友だち追加

若駒ステークス2019の予想です

かつてはリンカーン、ブラックタイド、ディープインパクトなど、毎年のように大物を輩出していた出世レース。その後もアンライバルド、ヒルノダムール、マカヒキなどのちのG1ホースが勝ち上がっているものの、現在は2歳戦の早期スタートおよび重賞路線の充実により(といっても中身が伴っていない重賞が増えただけだが)、1月のこのレースにクラシックを目標にする素質馬が揃うことは少なくなった。

ただ今年は直近2年(18年ケイティクレバー、17年アダムバローズ)と比べると、将来性の豊かな馬がいそうだ。

本命はサトノウィザード

1戦1勝馬は一般的に期待値が低く、どんなに能力があっても2戦目の壁に跳ね返されることはよくあるが、この馬はサートゥルナーリアのライバルになる可能性を秘めている。新馬の京都芝2000mでは上り3ハロンを33.3秒でまとめて楽々と差し切り勝ち。ペースが遅ければ、上りが速く出るのは当然だが、2010年以降、京都芝2000mの2歳新馬を上り33秒前半で勝ち切ったのは、14年ベルーフ(京成杯1着)、15年リオンディーズ(朝日杯フューチュリティステークス1着)、18年サトノウィザードのみ。ベルーフもリオンディーズもすぐ重賞を勝ち上がっており、本馬も重賞級の能力を秘めていると見ていいだろう。

現状のタフな馬場だけが心配だが(ロードカナロア×アグネスタキオンの血統で、前走の強烈な末脚を見ると、タフな馬場がプラスに出るとは言えない)、このメンバーでは能力が抜けていると判断したい。

相手は次走注目馬の…

続きはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

以上、若駒ステークス2019の予想でした。

PR:今なら新規登録してされた方限定で安心の1ヶ月間保証サービス!

ちなみに、先週の最大利益は・・・

1,941,900円です。

乗るか、反るか。それはあなた次第ですが
ここまで当たるサイトというのも正直珍しい。

いわゆる「情報サイト」で、怪しい…そんな風に思う方も少なくないでしょう。
しかし今なら新規登録で1ヶ月の保証サービスもあるんです。
これって、いわゆる、自信があるからこそ。

まあそういうことですよね(笑)

ただ、上限持ちです!今週は限定30名しか入会できません!

それだけ人気のサイトなのでこのチャンスは絶対に逃したくないところです!

先週に関しても最大利益は上記でも上げたとおり100万近い配当。
これが毎週のようにあるわけですからはっきり言ってぼろ儲けです!

近走の結果に関してもこのように高額決着を多数的中!

稼げる競馬予想。

本当にこの言葉が似合うサイト「競馬予想ルクリウス」

競馬予想の成功者が自分の味方!そう思うと心強くないですか!?

はっきり言ってこの機会を逃すことほど損な話はないので

今なら限定30名様ですが
1ヶ月の保証がついているわけですから乗ってみるべきですよ。

▼登録は当然無料!先着30名!お急ぎください!▼