13415495_665968130217265_5179912013345383369_o
※16年『第2回競馬大会議』@阿佐ヶ谷ロフトAにて。

HN(ハンドルネーム)

ゆたぽん

主な略歴

学生時代から競馬ライターとして活動。卒業後、競馬ライター&編集者になりました。

06年『ゆたぽんの日々是競馬』を開設。一時期、競馬から離れる期間がありましたが、14年から本格的にブロガーとして活動を再開しました。

14年夏にyoutubeチャンネル『ゆたぽんTV』を開設。

14年秋には有料メルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』の配信を開始。

15年秋には『秋の競馬大会議』を新宿ロフトプラスワンで開催。

16年春に『第2回競馬大会議』を阿佐ヶ谷ロフトAで開催。

競馬を始めたキッカケは

中学3年の時、友人が天皇賞(秋)に出走予定のサイレンススズカについて話していたのがきっかけです。その後、ゲームのダービースタリオンで競馬にハマりました。

予想スタイルについて

長い間、実走着差理論をベースに予想していました。実走着差理論とは実際のタイム差(馬身差)に枠の有利・不利、コースロス、斤量、ペースなどによって、本当の「着差」を算出する理論です。

しかし、最近の競馬(特に芝のレース)は実走着差理論と合わなくなってきたので、予想スタイルを変えました。いまは「コースロスがなくても精神的にきつい内容だった馬」に注目しています。

訪れた競馬場は30場所!

JRAは札幌、函館、福島、新潟、中山、東京、中京、阪神、京都、小倉とすべて行きました。

地方は門別、岩見沢(廃止)、帯広、盛岡、水沢、船橋、浦和、大井、川崎、金沢、名古屋、笠松、園田、高知、佐賀、荒尾(廃止)に行きました。

海外はロンシャン(フランス)、ヴァンサンヌ(同)、セランゴール(マレーシア)、ロイヤル・ターフクラブ(タイ)に訪れました。ロンシャンはディープインパクトの凱旋門賞の時です。

今後、行きたい競馬場はたくさんありますが、毎年2月にスイスのサンモリッツ競馬場で行われるホワイトターフ(雪上競馬)をいつか観に行きたいですね。

記憶に残る思い出のレース

◆99年東京大賞典(勝ち馬ワールドクリーク)

初めての競馬観戦。高校時代、友人に「メイセイオペラという強い馬がいて、絶対に当たるから観に行こう」と言って誘いました。当時、メイセイオペラは同年のフェブラリーステークス、帝王賞を制し、絶対王者として君臨。単勝は1.1倍の圧倒的人気でした。しかし、結果は11着と大敗。競馬は本当に何が起こるのか分からないことを学びました。

◆07年日本ダービー(勝ち馬ウオッカ)

桜花賞でダイワスカーレットの2着に敗れため、日本ダービーでは単勝10.5倍の3番人気と伏兵の扱いに。それでも桜花賞が本来の力ではないとウオッカを信じて本命に推しました。結果は予想以上の強さで圧勝。「ブレずに自分を信じること」が大切だと改めて思い知らされました。

ちょっと自慢できること

川崎競馬場の学生予想大会で優勝したこと(確か賞金で旅行券3万円分頂きました)。