@h_r_p_studio さんの写真。ルメール騎手勝ち過ぎですね…)

セントライト記念2018の予想です。

セントライト記念2018の出走馬は、レイエンダ、ジェネラーレウーノ、ブレステイキング、ギベオン、グレイルなど15頭。中山競馬場芝2200mで行われる3歳限定のG2戦です。

9月17日(祝・月)の平場の勝負レースはこちらから(当日の9時ごろに掲載します)。

ローズステークスの◎ウラヌスチャームは末脚及ばずの5着。脚質的に差し損ねも覚悟の上での本命でしたが、もう少しどうにかならなかったのかという気も。しかし、ルメール騎手はこれで紫苑ステークス→京成杯オータムハンデ→ローズステークスと重賞3連勝ですか。先週の2頭は馬が強かったのもありますが、今回のカンタービレは完全に騎手の腕、戦略で勝利をもぎ取ったようなレースでしたね。明日は断然人気のレイエンダに騎乗予定。普通に回ってくれば、4連勝になりそうな気がします。

LINEでは1日1頭、厳選軸馬も配信しています。

友だち追加

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

セントライト記念2018の予想です

差し、追い込み勢が多かったローズステークスとは対照的に逃げ、先行勢がズラッとそろったセントライト記念。内からザッと挙げると、ショウナンラーゼン、ジェネラーレウーノ、タニノフランケル、ケイティクレバーなど。中山芝2200mは1コーナーまでの距離が十分にあるので、さすがに序盤からガリガリとやり合うことはなさそうだが、向上面に入ったあたりから徐々にペースアップしていきそう。最後は中山芝2200mらしい持久力勝負になるのではないか。

本命は人気を落としたグレイルが狙い目のはず

今年に入ってからの3戦は共同通信杯7着、皐月賞6着、日本ダービー14着。着順だけ見ると確かに冴えないが、皐月賞6着は上り最速タイをマークし、見どころたっぷりの競馬。しかもまともに追えたのはラスト200m過ぎで着順以上に評価できる内容だった。今回は当時と同じ中山コース。これまで右回り【2.0.0.1】、左回り【0.0.0.2】なので右回りのほうがいいタイプなのだろう。骨折休養明けだが、調教の動きは良く、初戦から能力を出し切れると判断したい。

相手は人気でもレイエンダが有力

前走松前特別の勝ち時計(1分59秒3)は前週に行われた函館記念(1分59秒8)よりも速く、ペースが違うので単純な比較はできないが、それでも軽く促しただけであの時計をマークしたのだから大物と見てよさそう。1戦ごとにパフォーマンスが上昇しており、前走のパフォーマンスが能力の絶対値というわけでもないだろう。極端な枠に入ったが、内の逃げ、先行勢を見ながら運べるという点でプラスに捉えていいのではないか。

3番手はギベオン

前走NHKマイルカップは勝ちに行った分、差されてしまっただけで実質的に勝ちに等しい競馬。ガチンコで先着を許したのはブラストワンピースのみで、能力は世代でもトップクラスと見ていいだろう。1枠1番で戸崎騎手なので嫌な予感はするが、逃げ、先行勢が多数そろって馬群がバラけそうなので、意外とスルスルと上がっていけるかもしれない。

コズミックフォースは前走日本ダービーが展開を味方につけての好走も、振り返れば、すみれステークス以外はすべて3着以内に好走しており、日本ダービーの16番人気はファンが過小評価していた面もある。キングカメハメハ産駒らしくレースセンスがあり、控えても競馬ができるタイプ。ここも相手なりに走ってきそうだ。

ブレステイキングは2走前のプリンシパルステークスで勝ち馬コズミックフォースとタイム差なしの競馬。3走前にはギベオンとも僅差の競馬をしており、実績こそないものの、能力は重賞級と見ていいだろう。M・デムーロ騎手は同厩のゼーゲンではなく、本馬に騎乗。本馬の方により可能性を感じていると判断していいだろう。

ジェネラーレウーノは前走日本ダービーが案外の結果も、皐月賞2着の走りから力負けではないのは明らか。今回は同型が多数そろっており、難しい競馬になりそうだが、相性のいい中山コースに戻り、巻き返しがあってもいい。

ダブルフラットは大型のマンハッタンカフェ産駒らしいポテンシャル型。切れる脚はないものの、バテずに長くいい脚を使えるので、中山芝2200mの持久力戦は条件的に合っている。馬群が縦長になった時は怖いかもしれない。

オウケンムーンは共同通信杯1着以降、皐月賞12着、日本ダービー15着と結果は出ていないものの、春は使われるたびに馬体重を減らしており、本調子を欠いていた感じ。今回は休み明けの一戦。馬体重を戻して出走できれば、巻き返してくるかもしれない。

ゼーゲンはキャリア2戦の身で能力の絶対値が見えないが、2戦ともに完勝と言える走り。まだ上積みはありそうで、勢いのあるディープインパクト産駒なので押さえておいて損はないか。

タニノフランケルは積極的に買いたくないが、血統の字面通り切れる脚がないので、同コース自体は向いている。多少ペースが速くても思い切った競馬をすれば、好走するチャンスも出てくるか。

ケイティクレバーは前走日本海ステークスが買い時だった印象。とはいえこの手のタイプは常に過小評価されるので、無理に切る必要はないだろう。被されない外枠を引けたのはプラスで最後に押さえておきたい。

セントライト記念2018の印です

◎②グレイル
○⑮レイエンダ
▲①ギベオン
△⑤コズミックフォース
△⑦ブレステイキング
△④ジェネラーレウーノ
×⑬ダブルフラット
×⑭オウケンムーン
×⑥ゼーゲン
×⑨タニノフランケル
×⑪ケイティクレバー

以上、セントライト記念2018の予想でした。


<PR>赤枠の指数順位が毎週見れます。今週も指数1位馬はまた1着なのか楽しみです。 




週末気になるコラボ指数!まだ間に合うローズSのコラボ指数は無料メール登録のみ!コチラ



 セントライト記念は月額1,980円コラボ放題にて見れます!指数1位馬は調子がいいのでおすすめ→コチラ