【皐月賞2016予想】マイナス要素の少ないリオンディーズから

@h_r_p_studio さんの写真。)

皐月賞2016の予想です。

皐月賞2016の出走馬は、リオンディーズ、サトノダイヤモンド、マカヒキ、エアスピネルなど18頭。中山競馬場芝2000mのG1戦です。

土曜日は全体的に4着病でした。特に残念だったのは中山グランドジャンプ。オープンコースでは最低人気ビコーピリラニを推奨していて、実馬券ではサナシオンとビコーピリラニのワイド1点と、サナシオンとビコーピリラニとオジュウチョウサンの3連複1点だけ買ってました。レースを見ていて3着馬とは騎手の差だなと思いました。明日は皐月賞よりも平場でぶちかましたい!

予想と見解です

皐月賞は週半ばの記事にも書いた通り、ポテンシャル勝負になりやすいレース。今年の3強は中団~後方の位置取りになりそうだが、伏兵のドレッドノータス、リスペクトアースらがレースを引っ張っていきそう。トライアルの弥生賞のようにレースは序盤から流れて、最後は総合力勝負になるはず。例年通り、能力重視で考えたい。

本命はリオンディーズ

前哨戦の弥生賞ではマカヒキに敗れたものの、あれは早めに先頭に立った分の負け。フルゲートの皐月賞に代わって不安がより少ないのは、どう考えてもリオンディーズのほうだろう。道中の位置取りはサトノダイヤモンドより後ろになりそうだが、皐月賞の勝ち方を知っているMデムーロ騎手なら位置取りが後ろ過ぎることにはならないはず。馬の能力、騎手、展開などを総合的に考えると、勝ち馬に最も近いのはやはり本馬だろう。日本ダービーではいかにもポカがありそうなので、半兄のエピファネイアを見ても、買うなら今回の皐月賞と見た。

相手はサトノダイヤモンド

テン良し、中良し、終い良しのタイプで、スタートも折り合いも不安がないなら、あとは能力が通用するかだけだろう。走破時計的にはまだまだ詰める必要があるが、2走前にはナムラシングンやマイネルハニーらに楽勝。きさらぎ賞も見た目通りの完勝で、あの走りができれば、皐月賞でも勝ち負けできるだろう。ただ本当に厳しい競馬を経験していないので(そこは先週のメジャーエンブレムと同じ)、これまでに見せたパフォーマンスを信用し過ぎるのはどうか。1番人気でもあり、全幅の信頼は置けない。

3番手はマカヒキ

新馬戦、若駒ステークスはスローペースの加速力勝負だったが、弥生賞はペースがそこそこ流れての総合力勝負。それで差し切ったのだから素直に能力が高いと判断したい。ただ枠がやや乗りづらそうな2枠3番。新馬戦からの3戦はすべて外からの差し切り勝ちで、本番でこれまでとは違う競馬を強いられることになるはず。それでもあっさりのシーンは十分に考えられるが、どこにもいないケースは想定しておきたい。

馬券的には4番手以下をどう評価するかがカギを握りそう。

まず伏兵の最有力に挙げたいのはナムラシングン。これまでのレースを見てもポテンシャル勝負になればなるほどいいタイプで、レースが流れそうな皐月賞は条件的に合いそう。若葉ステークスはゴール手前でアドマイヤダイオウに差し返されてしまったが、やや気難しい面があるので、それがマイナスのほうに作用した感じ。アドマイヤダイオウより弱いかは前走の一戦だけでは分からない。今回の鞍上は中山で溜めを作るのが上手い田辺騎手。過去の皐月賞でいえばシックスセンスやトライアンフマーチっぽい雰囲気もあり、大駆けに期待したい。

あとは若葉ステークスを勝利したアドマイヤダイオウ、ベリー騎手と手が合いそうなマウントロブソン、隊列を考えるとちょうどいい位置で運べそうなエアスピネル、好走しても3着までだと思うが鞍上の勝負強さに期待してロードクエスト、大物感はないが意外と人気のないディーマジェスティまで挙げたい。

馬券は「3強で決まらない」と決め打ちして買う予定です。

印です

◎⑯リオンディーズ
○⑪サトノダイヤモンド
▲③マカヒキ
△⑨ナムラシングン
△④アドマイヤダイオウ
△⑤マウントロブソン
×⑮エアスピネル
×⑭ロードクエスト
×⑱ディーマジェスティ

以上、皐月賞2016の予想でした。