エリザベス女王杯2015予想考察で古馬牝馬路線は波乱続き

(元画像はコチラです。@lunapark0531さん)

エリザベス女王杯2015の予想考察です。

エリザベス女王杯2015の出走馬は、ヌーヴォレコルト、ラキシス、ルージュバック、タッチングスピーチなど18頭。京都競馬場芝2200mで行われる牝馬限定のG1戦です。

今回は「今年の古馬牝馬限定重賞の傾向」「ラキシスとヌーヴォレコルトで決まる可能性が低いこと」の2点についてお話いたします。

波乱が続く古馬牝馬限定重賞

今年の古馬牝馬限定重賞。

突然ですが、「いい思いをしたなー」って人は少ないのではないでしょうか。

なぜなら年明けから波乱の連続だからです。

以下にまとめたのは今年の古馬牝馬限定重賞の結果と3連複の配当です。

151114表1

3連複の配当で見ると、8レース中5レースで万馬券決着

ほかのレースも平穏な決着とはいえず、クイーンステークスは3連複配当こそ安いですが、10頭立ての7番人気メイショウスザンナが勝利しました。

ここまで波乱の連続だと「なぜ荒れているのか」を考える必要がありますが、1つは4歳世代の低迷でしょう(以下参照)。

151114表2

本来なら路線の底上げを図る4歳世代がご覧の通り、低調な成績。重賞を勝利したのは、中山牝馬ステークスを制したバウンスシャッセのみです。

エリザベス女王杯では4歳ヌーヴォレコルトの1番人気が濃厚。単純に「世代レベルが低いから消し」とはいえませんが、ヌーヴォレコルト自身のキャラ(立ち回り系人気馬は取りこぼすことが多い)を考えても、勝ち切るイメージはあまり湧きません。

また「ラキシス、ヌーヴォレコルトvs3歳世代」みたいな構図になっていますが、今年の古馬牝馬限定重賞の流れを考えると、思わぬ伏兵が好走する可能性も十分にあるはずです。

G1で2年連続同じ馬のワンツーはない

今年のエリザベス女王杯は昨年の1、2着馬であるラキシスとヌーヴォレコルトが1、2番人気に支持されそうな雰囲気。そこで1986年以降、G1で2年連続同じ馬のワンツーはあるのか調べてみたのですが、ほとんどありませんでした。

「ほとんど」と書いたのは1回だけあるからです。

それは00年、01年の宝塚記念。テイエムオペラオーとメイショウドトウのワンツーです。2年目の宝塚記念を振り返ると、テイエムオペラオーが単勝1.5倍、メイショウドトウが単勝3.4倍、3番人気のエアシャカールが単勝13.4倍と完全なる一騎打ちムードでした。

そもそも前年の1、2着馬が1、2番人気に支持されるケース自体が非常に珍しいです。

直近では04年マイルチャンピオンシップ。前年の勝ち馬デュランダルが1番人気、2着ファインモーションが2番人気。結果はデュランダルが見事に連覇を達成するものの、ファインモーションは9着に敗れました。

基本的に前年の1、2着馬がワンツーを果たすことはほぼありません。1、2番人気に支持されてもです。ましてラキシスとヌーヴォレコルトは牝馬。一般的に牝馬は牡馬より好不調の波がありますし、2年連続でワンツーを果たすことにかけるメリットはゼロといっていいでしょう。

ギャンブル的にはこのワンツーはないと割り切り、そこから馬券をどう組み立てるかだと思っています。

以上、エリザベス女王杯2015の予想考察でした。

無料メルマガやってます

無料メルマガでは、毎週メインレースのオススメ穴馬を配信しています。最近の大ヒットは

室町Sアドマイヤサガス(12番人気1着、単勝4,680円、複勝880円)
北陸Sミリオンヴォルツ(8番人気1着、単勝3,260円、複勝390円)

など。ご登録はコチラ⇒ゆたぽんの無料メルマガ