メルボルンカップ2018(フレミントン)の予想です。

メルボルンカップ2018の出走馬は、ユカタン、クロスカウンター、マジックサークル、アヴィリオス、ベストソリューション、ザクリフスオブモハーなど。日本からはチェスナットコートが出走します(川田騎手は日曜日レース終了後に飛行機に乗ったんですかねえ)。フレミントン競馬場3200mで行われるハンデ・JpnI戦。このレースは勝負度D(自信度★☆☆☆☆ 妙味度★★★★☆)を予定しています。発走は日本時間の11月6日(火曜)13時00分です。

※メルマガ読者の方は「先週の重賞回顧」にパスワードが掲載されています。

昨年、メルボルンカップを現地観戦した後に書いた記事⇒メルボルンカップ観戦にあたって知っておきたい6つのこと

昨年のこの時期にメルボルンにいたのが夢のような気がします(笑)。現地まで行くのはなかなか大変ですが、また機会があれば、行ってみたいですね。

直前の変更などもLINEでお知らせいたします。

友だち追加

メルボルンカップ2018の予想と見解です

メルボルンカップの主な傾向は2つ。

1つは内枠有利なこと

メルボルンカップは毎年22~24頭が行われる多頭数。必ずしも頭数が増えれば内が有利になるわけではないが、過去のメルボルンカップの結果を見る限り、ベタにロスなく立ち回れた方が有利。直近の15年と17年は完全な枠順競馬だった。

●17年
1着Rekindling(4番
2着Johannes Vermeer(3番
3着Max Dynamite(2番

●15年
1着Prince of Penzance(1番
2着Max Dynamite(2番
3着Criterion(4番

逆に中~外枠で上位独占する年もあり、外が全くダメというわけではないが、相対的には内>外と捉えていいだろう。

もう1つは近年アイルランド調教馬の活躍が目立つこと

過去3年の1~3着馬を見ると、

17年1着Rekindling(J・オブライエン厩舎、ブラウン騎手)
17年2着Johannes Vermeer(A・オブライエン厩舎、メルハム騎手)
17年3着Max Dynamite(マリンズ厩舎、パートン騎手)
16年2着Heartbreak City(マーティン厩舎、モレイラ騎手)
15年2着Max Dynamite(マリンズ厩舎、デットーリ騎手)

と毎年アイルランド調教馬が1頭は3着以内に好走。昨年はアイルランド調教馬が上位独占、息子のジョセフ・オブライエンと親父のA・オブライエンのワンツーだった。

今年のコーフィールドカップでは、イギリス調教馬のベストソリューションが勝ち、アイルランド調教馬のザクリフスオブモハーが3着。コックスプレートは地元の女傑・ウィンクスが4連覇を果たすも、2着にはイギリス調教馬のベンバトル。近年、オーストラリアのビッグレースでは欧州勢の参戦が以前にも増して目立っており、オーストラリアはヨーロッパで結果が出なかった馬の受け皿的な場所になりつつあるので、欧州でバリバリ走っている馬が強いのは当然といえば当然だろう。

今年のメルボルンカップの1番人気はおそらくアイルランド調教馬のユタポンではなく、ユカタンだが、24頭立ての23番ゲートを引いてしまい、暗雲が立ち込める。ここは10番ゲートより内に入り、かつ実力で上回る欧州馬から入りたい。それでは予想にいきましょう。本命は…

ここより下は有料記事(200円)とさせて頂いております。

noteよりユーザー名、パスワードをご購入して頂ければ、閲覧できます(新規の方はnoteへの登録が必要です)。

既存ユーザのログイン