【ジャパンカップ2016予想考察】キタサンブラックらが出走予定
@h_r_p_studio さんの写真。)

ジャパンカップ2016の予想考察です。

ジャパンカップ2016の出走予定馬は、キタサンブラック、ゴールドアクター、ディーマジェスティ、シュヴァルグラン、ルージュバックなど。海外からはイキートス、イラプト、ナイトフラワーが参戦します。東京競馬場芝2400mで行われるG1戦。海外馬については週半ばに改めて分析する予定です。

まずはいつも通り先週の結果報告から。重賞は

●東京スポーツ杯2歳ステークス
1着○ブレスジャーニー(2番人気)
2着▲スワーヴリチャード(4番人気)
3着△ムーヴザワールド(1番人気)

●マイルチャンピオンシップ
1着△ミッキーアイル(3番人気)
2着○イスラボニータ(2番人気)
3着▲ネオリアリズム(7番人気)

両レースともド縦目でした(泣)

マイルチャンピオンシップは直線で◎ディサイファが馬群の間からスルスルと伸びてきてましたが、トップスピードに乗っているところで前が詰まってしまい、落馬寸前の不利。競馬に不利はつきものですが、不利さえなければ、馬券圏内に来ていたでしょうね。相手もド本線だっただけに悔しい限りです…

勝負レースのほうはまずまず的中があったので、トータルでは負けなかったのですが、マイルチャンピオンシップで景気よくドカンと当てたかったです(苦笑)

まあいつまでも引きずってても意味がないので、気持ちをジャパンカップウィークに向けましょう。秋の東京開催もいよいよ大詰め。ジャパンカップは現地に見に行きたいなと思っていますし、ラストウィークにドカンと爆発したいですね。

平場の勝負レースなどはすべてメルマガで配信しています。ご購読は以下からお願いいたします。初月はお試しで490円です。




馬群を捌ける器用さが欲しい

いつも過去5年の結果から見ていきますが、今回は過去5年のジャパンカップの直線入り口と結果を見ていきましょう。

●11年
11年ジャパンカップの直線入り口

●12年
12年ジャパンカップの直線入り口

●13年
13年ジャパンカップの直線入り口

●14年
14年ジャパンカップの直線入り口

●15年
15年ジャパンカップの直線入り口

年によってペースは異なりますが、レース全体の共通点は

直線で内~中を突いた馬が好走しやすい

ということです。

これは近年の日本ダービーもそうですが、東京芝2400mはイメージほどポテンシャルが要求されず、器用さや立ち回りの上手さが求められがち。秋の東京開催は馬場が荒れるので、日本ダービーほどではないですが、ジャパンカップも内枠のほうが好成績を残していますし、道中でロスなく立ち回り、直線で内~中を突ける、つまり馬群を捌ける器用さがある馬が有利なのでしょう。

昨年は思い切って馬群の中に突っ込んだショウナンパンドラが優勝。7番人気2着ラストインパクト、17番人気4着と大健闘したジャングルクルーズはともにイン突きでした。穴を狙うのであれば、思い切ってインを突ける馬、騎手を狙ったほうがよさそうです。

ジャパンカップ2016の注目馬は?

今年のジャパンカップのメンバーを見る限り、逃げるのはキタサンブラックのみ。武豊騎手としては無理に飛ばしたくないでしょうし(むしろ逃げる馬がいたら控えたいくらいの気持ちでしょう)、スローペースはほぼ確定か。近年のジャパンカップでいえば、エイシンフラッシュが押し出され気味に逃げた13年のようなレースになるのではないでしょうか。直線は馬群が横一線に広がっての追い比べになりそうです。

キタサンブラック、ゴールドアクターの2強にとってはレース運びがしやすいでしょうし、2頭とも無理に嫌うつもりはありませんが、一角崩しで期待したいのは、

シュヴァルグラン

です。アルゼンチン共和国杯がまさにジャパンカップの予行練習的な競馬。天皇賞(春)を見る限り、キタサンブラックとの能力差はそれほどなさそうですし、キタサンブラックが馬場の内目を通り、本馬が中ほどを通れれば、コース取りの差で逆転まであっていいはず。あまり外枠は引きたくないので、内目の枠を引いてぜひジャスタウェイのような騎乗をしてほしいですね。

以上、ジャパンカップ2016の予想考察でした。