【有馬記念2015】出走予定馬分析ラブリーデイら(前編)

@h_r_p_studio さんの写真)

有馬記念2015の出走予定馬分析(前編)です。

今回は前編、後編の2回にわけて書いていきます。まずは王道路線のジャパンカップ組について。同組からはラブリーデイ、ショウナンパンドラ、ゴールドシップ、ラストインパクト、サウンズオブアースらが出走予定。ジャパンカップのレース内容を振り返り、有馬記念への適性を見ていきましょう。

その前に先週の朝日杯フューチュリティステークスの結果は、

1着△リオンディーズ
2着〇エアスピネル
3着シャドウアプローチ
12着◎ハレルヤボーイ

ハレルヤボーイは道中でインに潜った時、ハマったかも?と思ったんですが、直線はさっぱり伸びませんでした…。全く脚を使っていないので精神的な問題な気がします。それにしてもリオンディーズ強い!!1頭だけバケモノがいました。ただシーザリオ、エピファネイアがそうですが、常に全力で走ってしまうタイプなので、息の長い競走生活を送れるかがまず心配。順調に進んでもらいたいですね。

出走予定馬分析(前編)です

ラブリーデイ

ジャパンカップでは連勝がストップして3着に敗退。ベストは確かに2000m前後だが、距離が長かったから負けたというのは見当違いで、一か八かの騎乗に徹したラストインパクト、ショウナンパンドラに先着を許しただけに過ぎず、内容的には負けて強しだった。本質的には小回りでこそのタイプ。有馬記念への適性も高く、逆らう理由は特に見当たらない。

ショウナンパンドラ

ジャパンカップは直線で馬群の中に突っ込んだのが最大の勝因(外を回っていたら3着が精いっぱいだったはず)。差し馬にしては操縦性、器用さを兼ね備えているタイプで、近走の安定した成績がそれを物語っている。オールカマーの走りを見る限り、中山へのコース替わりも不安はない。スローペースになったとしても、ギアチェンジの速いタイプなので、他馬がスピードに乗り切る前に一気に抜け出すイメージがある。引き続き有力。

ゴールドシップ

ジャパンカップは4コーナーから仕掛けていくも、マクリ切ることができず、直線も伸びず。ただ勝ち馬が上がり33.9秒でまとめており、本馬が好走できるレースではなかった。中山へのコース替わりは一般的にプラスだが、問題はペース。12年有馬記念では一気の加速を見せて勝利するも、近2年は13年3着、14年3着。ギアチェンジの遅さが目立った。個人的には不安のほうが大きい。

ラストインパクト

ジャパンカップは鞍上のムーア騎手の十八番ともいえるイン突きに応えて2着に激走。鞍上の手腕は確かに大きかったが、近走はリズムがやや悪く、元々のポテンシャルは高い馬だった。昨年の有馬記念は7着に敗れたが、インで詰まって力を出し切れず。レースセンスはあるタイプなので、本質的にはコーナーを6回まわる有馬記念は向いている。もう一発があっても。

サウンズオブアース

ジャパンカップはスムーズに立ち回るも5着まで。レース運び自体は悪くなかったので、上位3頭とは能力差を少し感じるレースだった。馬自身は広いコースをゆったりと走ってこそのタイプなので、中山芝2500mは本質的に不向き。能力的にも一枚劣る感は否めず、積極的には買いたくない。

有馬記念2015で有力なジャパンカップ組は?

ジャパンカップを振り返り、有馬記念を展望すると

ショウナンパンドラ
ラブリーデイ

の2頭には無理に逆らわないほうがいい気がします。予想でどの印をつけるかはオッズとの兼ね合いもありますが、単純に好走する可能性でいえば、ショウナンパンドラ、ラブリーデイがアタマひとつ抜けているでしょう。

レースの内容としてはワンアンドオンリー、アドマイヤデウスなんかは見直しの余地ありありですが、2頭ともスパッとギアチェンジできるタイプではないので、また展開に泣きそうな気がしています。

穴で不気味な馬を1頭挙げるなら

ヒットザターゲット

です。ジャパンカップはスムーズさを欠いていたので力負けではありません。インベタで回って前が空けば、チャンスはあってもいいはずです。

有馬記念2015の出走予定馬分析(前編)でした。

吉野家の牛丼+半熟たまごの値段で一ヶ月間楽しめるメルマガになりました

12月からゆたぽんの馬券生活協同組合にいつでもご加入いただけることになりました!

金額は2500円ですが、初月はなんと490円…。

私が吉野家でよく頼む牛丼+半熟たまご(450円)と変わりません(笑)。牛丼の楽しみは一瞬で終わり、食べたら何も残りませんが、馬券生活協同組合は1ヶ月間楽しめて、きっと貴方の馬券力向上に生涯役立つと思います。とりあえず気になる方は、数週間だけ購読して継続するか判断して頂ければと思います。

詳しくはゆたぽんの馬券生活協同組合に加入するをご覧ください。

まずはゆたぽんの無料メルマガに申し込む