青葉賞2015の出走予定馬レーヴミストラルの取捨は!?

青葉賞2015でコース実績ある大穴候補はコチラ!B.人気ブログランキング20位前後です)

青葉賞2015の出走予定馬分析です。

過去10年の優勝馬では06年アドマイヤメイン、11年ウインバリアシオン、12年フェノーメノが日本ダービーで2着に好走しました。ただし、同レースから日本ダービー馬を未だに出ていません。今年の青葉賞2015の出走予定馬は、

レーヴミストラル
レッドライジェル
ブラックバゴ
ティルナノーグ
タンタアレグリア

など。やや小粒感が否めず、日本ダービーに直結するかは微妙な気もしますね(笑)。それでもステップレースとして見逃せない一戦。早速、出走予定馬を見ていきましょう。ちょっとその前にお知らせです。

馬券生活協同組合、5月募集!春天からダービーまで

現代競馬はとにかく“立ち回り”が結果を左右します。

ハッキリいうと現代競馬は、競馬ではありません。

「いかに好位でインを通れるか」というゲームです。

先週のフローラステークス、マイラーズカップを見ましたか?

ただインを立ち回った馬が上位を独占しました。

ハッキリいってひどいレースでした。

ただ残念ながら、それが現代競馬なのです。

だから馬券を買う時は立ち回りセンスを重視すればいい。

それだけで馬券はコンスタントに当たります。

立ち回りセンスを見抜いて、一緒に馬券をゲットしませんか?

馬券生活協同組合の5月募集について

青葉賞2015の出走予定馬分析

レーヴミストラル

屈指の名牝レーヴドスカーの仔。母は毎年、確実にオープン級の馬を輩出しており、兄弟には09年青葉賞勝ち馬アプレザンレーヴがいる。同馬はここに来て、未勝利→アザレア賞と2連勝。本格化の気配が漂う。能力的には楽しみだが、末脚を生かすスタイル。今の馬場で脚を溜めると不発に終わる可能性も。

レッドライジェル

未勝利勝ちまでに4戦を要したが、同馬もここに来て未勝利→山吹賞と2連勝。山吹賞では圧倒的な1番人気グレーターロンドンを鮮やかに差し切った。着差はわずかだったが、ゴール手前の手応えにはまだ余裕があった。ポテンシャルは確かだが、同馬も追い込みスタイル。過信は禁物だろう。

ブラックバゴ

重賞でホープフルステークス3着、京成杯2着の実績。前走スプリングステークスで初めて崩れたが、展開が向かず、力を出し切れなかった。能力的には上位だが、同馬も懸念材料は脚質。戸崎騎手は最近、脚を余す競馬が多いのも心配。

ティルナノーグ

デビュー2連勝後はクラシック級かの声も聞こえたが、その後の3戦で完全に脱落。ただし、前走はハイレベルレースの共同通信杯。7着は威張れる着順ではないが、今回のメンバーなら見直せる実績だろう。底力が問わない軽い馬場も合っている。ある程度のポジションで運べれば巻き返しても。

タンタアレグリア

前走大寒桜賞で2勝目をマーク。デビュー以来、中山のホープフルステークスを除けば、大崩なく走っている。能力的には圏内だが、気になるのは同馬も脚質。前走は上り最速で勝ったが、血統的にそれほど切れるタイプではない。ある程度のポジションで運びたい。

青葉賞2015の展望

今年の青葉賞2015の有力馬を見ると、前に行ける馬がいないですね。今の東京の馬場は、イン先行が圧倒的に有利。今回のメンバー構成なら伏兵が前々で粘り込むシーンは十分にありそうです。

そこで伏兵で一発があるのでは?と思うのは以下の馬ですね。

青葉賞2015であれよあれよと押し切りそうな馬はB.人気ブログランキング20位前後です)

能力だけなら前述の有力馬に劣ります。ただ前々で運べる脚質は大きな魅力で、なにより東京芝2400mを先行押し切りで完勝している実績もあります。

しかし、この馬主さんは本当にすごいですね。新しい馬主さんで、現3歳世代は8頭のみの所有ですが、重賞馬を2頭も輩出。しかも半分の4頭が勝ち上がり、残りの4頭のうち3頭は未勝利2着ですぐ勝ち上がれるレベル。1頭はまだ未出走なので、勝ち上がり率が100%になりそうです。1億級の馬がいないのもすごい。自分で馬を選んでいるのでしょうか。気になります。

青葉賞2015の出走予定馬でした。

にほんブログ村トラコミュ
青葉賞2015

<PR>

ご存知の通り天皇賞春は距離が3,200メートル。

距離が長くなると血統がやはり重要になってきます。

きちんとスタミナがある馬を狙えば馬券をしっかり的中させられる可能性がグンと高まります。

そこで、天皇賞春の予想で参考にして欲しいのが「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想。

栗山求氏とは・・

テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍。

抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家。

血統を基にした予想方法が得意で、競馬通信社でのコラム『血統SQUARE』の連載やフリーライターとして雑誌や書籍などを手掛けるなど多くの経験をしてきた栗山求氏の配合分析は有名である。

現在では『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』、などに連載を持っており、今年3月に発売された『パーフェクト種牡馬辞典2015-2016』では監修を務めている。

グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は血統評論家として日本を代表する存在である。

完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。栗山求氏の天皇賞春の予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。


そんな栗山氏ですが、血統がものを言う天皇賞春を前にして2週連続的中を記録!

皐月賞では

1着 ▲ドゥラメンテ

2着 ◎リアルスティール

3着 △キタサンブラック

で3連単12,360円を手堅くGET。

そして圧巻だったのがついこの前のマイラーズカップ。

マイラーズカップで実際配信された予想は・・

(4月26日)マイラーズカップ(G2)

—————————————-

<推奨馬とその根拠(抜粋)>

◎7フィエロ

○9フルーキー

▲4サンライズメジャー

△6ディアデラマドレ

△10エキストラエンド

△15レッドアリオン

◎フィエロは「ディープインパクト×デインヒル」の組み合わせ。

母ルビーは本邦輸入種牡馬ロックオブジブラルタル(ヨーロッパでマイル戦を中心にG1を7連勝)の全妹にあたる良血馬。

したがって「ディープ×ロックオブジブラルタル」のミッキーアイル(NHKマイルC)と血統構成が近い。

ディープインパクト産駒のマイラー配合としては高く評価できる。

昨年のこのレースはレコード勝ちしたワールドエースの2着。

開幕週の速い時計にも対応でき、休み明けで崩れたこともない。

<結論>

馬単ながしマルチ

7→4、6、9、10、15

三連単軸1頭ながしマルチ

7→4、6、9、10、15

—————————————-

レースはフィエロが最後の直線でインコースから追い込むも・・・

惜しくも3着!

しかし相手に買っていたレッドアリオンが優勝し、2着にもサンライズメジャーが入着。

【結果】3連単:15-4-7 的中!

的中配当:98,650円

回収金額:986,500円

実際のPAT画面↓

恐るべし栗山求氏の血統予想・・・

さらに栗山求氏は毎週木曜日に血統についてのコラムを連載しているのでそちらも要チェックです!

競馬スピリッツなら「栗山求」氏の予想が毎週2レース無料で見れて、さらにコラムも完全無料で読み放題です!

「競馬スピリッツ」に登録して栗山求氏の予想とコラムを完全無料で楽しんでみてください!

・天皇賞(春)

・ヴィクトリアマイル

・NHKマイルカップ

・オークス

・日本ダービー

今なら無料登録で上記全てのG1の買い目を完全無料で見ることができます!

血統が重要な予想ファクターとなる今週の天皇賞春の予想は是非栗山求氏の買い目を参考にしてみてください!

完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!