(2年前の府中競馬場の花火大会)

七夕賞2019の予想です。

七夕賞2019の出走馬は、ロシュフォール、クレッシェンドラヴ、タニノフランケル、クリノヤマトノオー、ミッキースワローなど16頭。福島競馬場芝2000mで行われるハンデ・G3戦です。

7月7日(日)の平場の勝負レースはこちらから(今週は下半期スタート記念ということで通常の【50%OFF】にしています。予想は当日の9時ごろに掲載します)。

土曜日は買いたいレースが少な目でしたが、唯一の勝負度Cだった豊明ステークスが◎ジョイフル(5番人気2着)から的中。ただ相手が安く、1番人気トロワゼトワルは2着までと割り切っていたので儲からず。全体的には可もなく不可もなくの結果でした。以下、ショボいですが、的中したレースです。

************************************************************

≪函館7レース 未勝利 勝負度D(自信度★★★☆☆ 妙味度★★☆☆☆)≫

◎⑪フェニアンサイクル(5番人気2着
○⑤プールバール(1番人気1着
▲⑥レッドルーナ
△⑫ビッケ
△⑮ツクバハナコ
△⑭パルセイティング
×①スキンズマッチ
×⑨フクノナルボンヌ(2番人気3着
×⑩クリノショウグン
×⑦クリノカリビアン
×⑯ラインアポロン
×⑧トウケイココノエ

本命はフェニアンサイクル。前走トップオブメジャー組では、ラスト200m手前まで先頭をキープしており、1200mへの距離短縮はプラスに働きそう。元々、新馬ではトオヤリトセイトの3着がある馬(しかもスタートをアオり気味に出てスローペースの中、終始外々を回らされる厳しい競馬だった)。このメンバーなら力は一枚上なのではないか。

相手は非常に難解だが、前走案外も戦ってきた相手が手強いブールバール、前走脚をやや余した感があり、鞍上魅力のレッドルーナ、休み明けで見せ場を作ったビッケとツクバハナコまでを上位に評価したい。

馬券は3連複で1列目にフェニアンサイクル、2列目にブールバール、レッドルーナ、ビッケ、ツクバハナコ、3列目に印を打った馬へ流したい(ワイド4点でもOK)。あとは馬連、馬単を押さえる。大混戦なので手広く流して高めが引っかかればラッキーくらいの気持ちで買いたい。

【参考買い目】

3連複:◎ー○▲△△(ビッケ、ツクバハナコ)-○▲△△△××××××(34点)

馬連:◎ー○▲△△(ビッケ、ツクバハナコ)(4点)

馬単:◎→○▲△△(ビッケ、ツクバハナコ)(4点)

≪福島3レース 未勝利 勝負度D(自信度★★★☆☆ 妙味度★★☆☆☆)≫

◎⑫シゲルグリンダイヤ<堅軸>(1番人気3着
○⑤ショウナンタイヨウ
▲⑮ノブベック(3番人気1着
△⑭ワークアンドリッチ
△④バイプレーヤー(10番人気2着
△⑥メジャーセブンス
×②サクラパルジファル

本命は安定感を買ってシゲルグリンダイヤ。近2走はともに勝ち馬に完敗だったが、時計の出やすい東京ダートで切れ負けした感じ。ジャスタウェイ×ロベルト系の血統の字面通りバテずに長くいい脚を使えるのがウリなので、コーナー4回の持久力戦の方が合っているのではないか。新馬は中山ダート1800mで2着。右回りに替わるのは全く問題ない。

相手はショウナンタイヨウ。このメンバーなら単騎逃げを打てるはずで、今の馬場なら多少マークされても簡単に止まることはないはず。それでも戦績にややムラがある分、全幅の信頼だけは置かない方がいいだろう。

ノブベックは近2走が東京ダート1600mの内枠で流れに乗れず。それでも終いはよく差を詰めており、能力はおそらくシゲルグリンダイヤ以上。大外枠から中団付近に収まれば、勝ち上がるだけの力はある。

馬券は3連複で1列目にシゲルグリンダイヤ、2列目にショウナンタイヨウ、ノブベック、3列目に印を打った馬へ流したい(ワイド2点でもOK)。

【参考買い目】

3連複:◎ー○▲ー○▲△△△×(9点)

≪中京11レース 豊明ステークス 勝負度C(自信度★★★☆☆ 妙味度★★★☆☆)≫

◎⑤ジョイフル(5番人気2着
○④アダムバローズ(2番人気3着
▲①トロワゼトワル(1番人気1着
△⑧キアロスクーロ
△②ディーパワンサ
△③ブラッククローバー
×⑦カネトシブレス

ここはジョイフルの変わり身に期待したい。前走朱雀ステークスは道中で折り合いを欠いた上、3コーナー手前から早めに動いてしまい、鞍上のアヴドゥラ騎手が上手く乗れなかった。それでも5着に粘ったのだから使われつつ徐々に復調してきたと判断していいだろう。タフな馬場での芝1400mはベスト条件。気分よく行き過ぎるとかえって伸びないかもしれないが、外のカネトシブレスが先行策を取るはずなので、その直後で折り合いをつけられれば、直線でしっかりと伸びてくるはず。

相手はアダムバローズ。前走フリーウェイステークスは展開に恵まれた面があったものの、今回はメンバーレベルが低い上、楽に主導権を奪えそうで、引き続き堅実に走ってくるだろう。

トロワゼトワルはここに来て充実しているが、ディーパワンサ、ブラッククローバーが位置を取りに行きそうなので、ポジションを落としそうなのが心配。ペースもそこまで速くならないはず

馬券は3連複でジョイフル、アダムバローズから印を打った馬へ流したい(ワイド1点でもOK)。本線はキアロスクーロまで。あとは馬連、馬単を押さえる。3連単を少点数で買うならジョイフル→アダムバローズ⇔トロワゼトワル、キアロスクーロまで。

【参考買い目】

3連複:◎ー○ー▲△△△×(5点)…本線はキアロスクーロまで

馬連:◎ー○(1点)

馬単:◎→○(1点)

3連単:◎→○⇔▲△(4点)

◆土曜日の収支

************************************************************

日曜日は間違いなく土曜日よりも買いたいレースが多くなりそう。日曜日はガツンと行きたいですね。これからじっくりと検討していきたいと思います!

LINEでは1日1頭、厳選軸馬も配信しています。

友だち追加

続きはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。詳細はメルマガ『ゆたぽんの馬券生活協同組合』に加入するをご覧ください。

メルマガを購読する

七夕賞2019の予想です

七夕賞は前傾ラップからの消耗戦になりやすいレース。昨年は前後半の1000mが58.2-62.6と4秒以上の差があり、後方2番手+最後方を追走していた馬のワンツーフィニッシュだった。

今年は逃げ、先行勢が多数そろい、馬場は先週の雨の影響で荒れた状態。例年通り上りがかかっての消耗戦になるのではないか。ゴールまでバテずにしっかりと伸び続けられる馬を狙いたい。

本命は当初の予定通りクレッシェンドラヴを狙う

ステイゴールド×Sadler’s Wellsの血統の字面通り、バテずに長くいい脚を使えるのが最大のウリ。前走福島民報杯では向上面からロングスパートを打ち、4コーナーでは早くも先頭へ。最後は勝ち馬レッドローゼスに差されたものの、先に動いた本馬の方がキツい競馬をしており、位置取りや仕掛けのタイミングひとつで着順は入れ替わっていただろう。

相手は確かに強くなるが、舞台適性の高さ、現状の勢いからハンデ重賞なら十分に通用していいはず。鞍上の内田騎手は同馬で【4.2.1.1】と完全に手の内に入れており、自分から動きやすい外枠を引けた以上、不発に終わるリスクも低いのではないか。

相手は能力最上位のミッキースワロー

前走エプソムカップでは人気を大きく裏切る形になったが、前半1000m通過63.9秒という異常なスローペースを後方2番手では届かなくて当然。2走前の新潟大賞典の内容からロシュフォールとは能力互角で、末脚の持続力勝負になりそうな今回は見直す必要があるだろう。本命に推すかも考えたが、クレッシェンドラヴと比較した時、本馬の方が乗り難しさがあるので、相手評価に留めたい(乗り替わりも不安)。

3番手は本格化ムードのロシュフォール

前走新潟大賞典では追い出しがワンテンポ遅れながらも上り最速の脚を繰り出して3着に好走。新潟大賞典組は1着メールドグラースが次走鳴尾記念1着、4着ルックトゥワイスが次走目黒記念1着、11着スズカデヴィアスが次走巴賞1着などハイレベルレースと言ってよく、あのレースで勝ちに等しい競馬をした本馬なら重賞を勝ち上がれるだけの力はあるだろう。問題はコーナー4回の小回りコースに替わること。ミッキースワロー同様、決して乗りやすいタイプではなく、内目の枠順を考えても消化不良に終わる可能性はありそうだ。

クリノヤマトノオーはワンターンコース中心に使われているが、最後に勝利を挙げたのが阪神芝2000mのサンタクロースステークス。バテずに長くいい脚を使うタイプなので、福島芝2000mでの持続力勝負は合っているのではないか。今の馬場ならこの枠順も悪くないはず。

ウインテンダネスは近走芝2400m以上のレースを中心に使われているが、芝2000mで4勝を挙げており、距離短縮がマイナスになることはないはず。前走目黒記念では直線で前が狭くなる場面があり、やや消化不良だった。淀みなく流れての消耗戦は合っており、変わり身があるとすれば、今回なのでは。

ソールインパクトは2年前の七夕賞で3着に好走。近走は長距離路線を歩んでいるが、上り36秒以上かかっての消耗戦になれば、この距離でも力を発揮できるだろう。血統、キャラ的に七夕賞は合う。

エンジニアはオープンクラスに昇級後、【0.0.0.5】と結果が出ていないものの、どのレースも勝ち馬から1.0秒差内に留まっており、ハンデ重賞なら通用しても驚けない。前走メイステークスは鞍上の柴田善騎手が上手く誘導できなかった印象が強く、決して力負けではないだろう。久しぶりの右回りがカギも、血統的には七夕賞に適性がありそうだ。

アウトライアーズは2走前の福島民報杯で2着クレッシェンドラヴから0.4秒差の4着に健闘。今回は本馬の方に斤量1キロのアドバンテージがあり、着差は詰まっても不思議ではない。クレッシェンドラヴに本命を打つ以上、押さえておきたい。鞍上の野中騎手も不気味。

ロードヴァンドールは同型がそろったので展開的に厳しくなりそうだが、G3、G2で再三好走しているように能力だけなら上位の存在。自分のリズムで運べれば、逃げなくても力を発揮できそうなので、人気がないなら押さえておきたい。中距離の消耗戦は向いているはず。

七夕賞2019の印です

◎⑮クレッシェンドラヴ
○⑫ミッキースワロー
▲③ロシュフォール
△⑯クリノヤマトノオー
△⑬ウインテンダネス
△④ソールインパクト
×①エンジニア
×②アウトライアーズ
×⑨ロードヴァンドール

以上、七夕賞2019の予想でした。

【PR:2019年「TAZUNA」を使えば勝てるって本当!?】

競馬で勝つなら2019年は『TAZUNA』が必須となりそうです!

先日も大爆発!
ユニコーンステークスにて
3連単265,440円を的中!

それだけでなく、帯封越えの高額払い戻し馬券をはじめ

メイン付近のレースをバンバン的中させているんです!

今週は「七夕賞」の予想も公開予定なのですが

それだけでなく、ここからがTAZUNAの凄いところ!
会員登録が完了後、毎週末の買い目を無料&無制限にて配信!

えっ・・・!?どこで利益上げているんですか!?www

「TAZUNA」のオフィシャルサイトを見ればわかることですが
正直、ここまでクオリティの高いサイトは見たことありませんよ。

最近巷で流行りの『人工知能(AI)』も使用しているようですし、
TAZUNAが持つ競馬関係者との強い繋がりも存分に生かしつつという
まさに鬼に金棒といわんばかりのポテンシャル。

『はっきり言って、登録しないほうが損ですよ!』

是非無料登録して今週末よりTAZUNAの凄さをご体感ください!

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!