【オークス2016予想】シンハライトvsチェッキーノ
@h_r_p_studio さんの写真。)

オークス2016の予想です。

オークス2016の出走馬は、シンハライト、チェッキーノ、エンジェルフェイス、アットザシーサイドなど18頭。東京競馬場芝2400mで行われるG1戦です。

土曜日は勝負レースでたくさん当たり、今週のプラスが早くも確定。メインの平安ステークスも

1着○アスカノロマン
2着◎クリノスターオー
3着▲クリソライト

の大本線でした。ただそれ以上に嬉しかったのが東京メインのメイステークス

≪東京11レース メイステークス 勝負度D(自信度★☆☆☆☆ 妙味度★★★★☆)≫

◎⑥ゼロス
○⑧コスモソーンパーク
▲⑨ミュゼゴースト
△⑭ロジチャリス

ここはレアリスタを始め、エックスマーク、カムフィーなど差し馬が鈍足タイプばかり。逃げ、先行勢が明らかに手薄なので、行った行ったで大波乱を狙ってみたい。

本命はゼロス。2年以上馬券に絡んでいないので強気にはなれないが、今回は超楽逃げを打てそう。東京のイメージはないが、15年白富士ステークス4着、同年キャピタルステークス7着(勝ち馬から0.5秒差)と東京コースでもそれなりに走っている。現状の高速馬場を味方につけて楽逃げを打てれば、一発があってもいいはずだ。

相手は4コーナーの位置だけを重視してコスモソーンパーク、ミュゼゴースト、ロジチャリスの3頭に絞る。

【参考買い目】

単勝:6

ワイド:6-8、9、14(3点)30.4倍&65.5倍的中!

馬連:6-8、9、14(3点)128.7倍的中!

結果⇒ http://race.netkeiba.com/?pid=race&id=c201605020911&mode=top

先週も馬連2点で万馬券がありましたが、今週は馬連3点で万馬券的中。

印4頭で綺麗に決まりました。

本当にこういうのが1週間に一度でもハマるとデカいですね~。

日曜日もオークスを始め、勝負レースでたくさん当てられるように頑張ります!

重賞の買い目や勝負レースは馬券生活協同組合で配信しています。ご購読は以下からお願いいたします。




100名限定!“年間回収率100%超えのための買い方”が学べる競馬大会議やります!

来たる5月27日(金)、第2回競馬大会議を開催いたします(詳細はコチラ⇒阿佐ヶ谷ロフトプラスワンで『第2回競馬大会議』を開催いたします!

第1回は現代競馬に焦点を当てたお話でしたが、第2回はズバリ

“年間回収率100%超えのための買い方”

がメインテーマ。私自身も登壇者の方のお話を聞きたいと思っており、今からとても楽しみです!会場のキャパシティからチケットは100名限定となっております。

※今回はニコ生中継を行いません

イベント後には懇親会もありますので気軽にお酒を飲みながらお話ししましょう!

チケットの購入方法は2種類あります。

1つは以下のイープラス

btn_buyticket

もう1つは銀行振込。下記の口座に人数分の料金(男性3000円、女性2000円)をお振込みください。お振込み後は必ずkeiba.meeting@gmail.comに人数とお名前をご連絡ください。

◆ゆうちょ銀行をお持ちでない方
【銀行】ゆうちょ銀行
【店名】〇一八(ゼロイチハチ)
【口座番号】普通9391750
【名義】ケイバダイカイギ

◆ゆうちょ銀行をお持ちの方
【記号】10170
【口座番号】普通93917501
【名義】ケイバダイカイギ

予想と見解です

週初めにサイトに書いたことだが、オークスはポテンシャル勝負になりやすい。ザ・不器用なデニムアンドルビー、バウンスシャッセ、ルージュバックでも好走しており、「立ち回り力を生かして…」という小細工は利かないレースだ。

予想の上で最も重要なのは能力比較。桜花賞組は桜花賞の結果を真摯に受け止めながら、能力を出し切れなかった馬を見抜くこと。別路線組は桜花賞組と比較して、桜花賞上位勢に太刀打ちできる馬がいるかを考えること。この2つを正確に判断できれば、的中はグッと近づいてくる。

本命はシンハライト

桜花賞最先着ながら、桜花賞組でオークスに最も適性がありそうで、ここは逆らう余地がない。きょうだいはアダムスピーク、リラヴァティ、アダムスブリッジと中距離型がズラリ。デビュー以降、マイル以下の距離を使われてきたが、本質的には距離が伸びてこそのタイプだろう。能力はもちろん、適性面からも不安がない。

枠は内過ぎるが、過去のオークスを見る限り、直線で馬群はバラけることが多く、不利を受けたり、直線でドン詰まりになるリスクは低いはず。鞍上は今春のG1でも活躍し、大舞台にめっぽう強い池添騎手。ここはオークスのセオリー通り、一番強いと思える馬から入る。

相手筆頭はチェッキーノ

フローラステークスで負かした相手は2着パールコード(つばき賞でナムラシングン、ミッキーロケットと差のない3着)、4着フロンテアクイーン(クイーンカップ2着)と骨っぽく、あの内容なら桜花賞上位勢にもヒケを取らないはず。一部では血統背景から距離不安を言われているが、フローラステークスはテンから淀みのないラップで流れており、あのレースを突き抜けた馬が2400mでバッタリ止まるとは思えない。玄人層には嫌われそうだが、嫌ってはいけない人気馬だろう。

3番手はデンコウアンジュ

桜花賞は直線で前が詰まってしまい、消化不良の一戦。チューリップ賞を見る限り、シンハライトとの能力差はそこまでないはずで、展開ひとつで一発があっても驚けない。東京マイル重賞勝ち馬が桜花賞で敗れてオークスで巻き返すのは過去に何度もあり、要注意のパターンだ。

桜花賞3着のアットザシーサイドも侮れない。桜花賞は福永騎手が上手く乗ったとはいえ、2着シンハライトから0.3秒差。桜花賞で見せたパフォーマンスは素直に評価したほうがいい。本馬も一部では距離不安を言われているが、ヴィルシーナ、ホエールキャプチャでも好走できたレースで、能力が高ければ、距離の壁は超えられる。ただ桜花賞で馬体重が-10キロ。さらに減るようだとバッサリ切ったほうがいいかもしれない。

穴の筆頭候補はペプチドサプル。元々、高い素質を見せていたが、近2走の忘れな草賞、矢車賞が好内容。血統的に距離が伸びてこそのタイプなのだろう。忘れな草賞は差し損ねただけで勝ちに等しい競馬。ガチンコ勝負ならロッテンマイヤーよりは強いはずだ。

大穴候補ならゲッカコウ、フロムマイハート。ゲッカコウはフローラステークスが参考外。フラワーカップでは差し遅れながら勝ち馬エンジェルフェイスから0.2秒差の2着に好走。エンジェルフェイスとの勝負付けが済んだとはまだいえず、それでいながらエンジェルフェイスが3番人気なら、本馬は人気がなさ過ぎだろう。血統面やこれまでのレースを見ても持久力が豊富なので、ポテンシャル勝負になれば、浮上してきても驚けない。

フロムマイハートはサトノダイヤモンド、マウントロブソンと一緒に走ってきた馬。スイートピーステークスは完全に切れ負けで、ポテンシャル勝負になりやすいオークスに変われば、ジェラシーとは逆転するだろう。鞍上的にも不気味な雰囲気が漂っており、一枚抑えておいて損はないはずだ。

最後に能力的にワンパンチ足りないが、桜花賞組で田辺騎手が怖いレッドアヴェンセまで挙げておきたい。

印です

◎③シンハライト
○⑬チェッキーノ
▲⑧デンコウアンジュ
△④アットザシーサイド
△⑤ペプチドサプル
△⑦ゲッカコウ
×①フロムマイハート
×⑮レッドアヴェンセ

以上、オークス2016の予想でした。