ニューイヤーカップ2019(浦和)の予想です。

ニューイヤーカップ2019の出走馬は、ヒカリオーソ、トーセンガーネット、トーセンボルガ、アギト、レベルフォーなど12頭。浦和競馬場1600mで行われるSIII戦。このレースは勝負度C(自信度★★★☆☆ 妙味度★★★☆☆)を予定しています。

※メルマガ読者の方は「先週の重賞回顧」にパスワードが掲載されています。

今年から地方競馬の予想記事では毎回、冒頭に実馬券とともに前週に行われたレースの回顧を行っていきたいと思います。

●報知オールスターカップ(勝負度C)
1着▲ヤマノファイト(1番人気)
2着○タービランス(2番人気)
3着ユーロビート(9番人気)
5着◎タガノゴールド(5番人気)

本命はタガノゴールド、相手は2列目に組んだ○タービランス、▲ヤマノファイトで堅いと見ていたので、戦前までは勝負度の通り、まずまず買いたい一戦でした。

ところが馬体重の発表を見ると、

タガノゴールド-21キロ

当初、2万円ほど購入する予定だったのですが、一気に買う気を失くし、購入金額を5000円まで下げました。

ヤマノファイトとタービランスも増減が激しかったですが、ヤマノファイトは直近の馬体重の推移から明らかに近走が太め残りだったのと、タービランスに関しては昨年春の南関東在籍時に戻っただけ(あと一般的に535キロ→525キロと、480キロ→459キロでは意味合いが違います)。一方、タガノゴールドは好走時の馬体重とは大きくかけ離れており(デビュー当時を下回る最低の馬体重)、いかにも状態に不安があると判断。

この馬体重をどう見ているかについては、

2018年秋競馬以降の振り返りと馬体重の増減をどう捉えるべきかのコラム

に書いた通りです(※メルマガ読者の方には年明けの配信でお送りしています)。

本文中と繰り返しになりますが、馬体重はガチガチに意識する必要はありません。ただパドックの気配の良し悪しを見て判断するくらいなら、客観的に判断できる数字を見たほうがいいとは思っています。

年明け一発目の報知オールスターカップはレース前に終わってしまった感じなので、仕切り直しの気持ちでニューイヤーカップの予想にいきましょう!

今後、タガノゴールドのように評価を大きく下げたい場合、LINEでお送りいたします。

直前の変更などもLINEでお知らせいたします。
友だち追加

ニューイヤーカップ2019の予想と見解です

ニューイヤーカップの舞台は地方競馬で最もトリッキーな浦和1600m。

◆浦和1600mのコース図

スタートが3~4コーナー部分に設置されているため、内枠有利として知られているコース。過去の同レースを振り返っても、内枠有利の傾向が出ている(以下参照)。

◆過去5年のニューイヤーカップの1~3着馬の枠順(14~18年)

18年2枠→7枠→8枠
17年7枠→1枠→8枠
16年1枠2枠→6枠
15年1枠→3枠→7枠
14年2枠→3枠→7枠

ご覧の通り、1、2枠に入った馬が5年連続で3着以内に好走中

外枠でも馬券に絡むことはあるが、外枠より内枠の方がいいのは間違いないだろう。

今年も外枠より内枠の意識を持ち、年明けの3歳戦なので能力比較もしつつ、最終判断をしていきたい。ここは印上位3頭で決まる可能性が50%くらいあると見ている。それでは予想にいきましょう。本命は…

ここより下は有料記事(200円)とさせて頂いております。

noteよりユーザー名、パスワードをご購入して頂ければ、閲覧できます(新規の方はnoteへの登録が必要です)。

レースが終わったので無料公開しています。

ベタだが、内枠の逃げ馬ヒカリオーソでいいだろう

前走全日本2歳優駿は鞍上の瀧川騎手が同期の阿部騎手が騎乗するイグナシオドーロに遠慮していたとしか思えない消極的な騎乗。ペースがそれほど速くない中、後方まで位置を落とし、4コーナーからは大外ぶん回し。それでも7着まで追い上げ、鞍上がレース後に「スムーズなら掲示板はあった」というのも頷ける内容だった。ヒカリオーソ×サウスヴィグラスの底力あふれる血統。ここに来て馬が良くなっている。

前に行ってナンボの馬にとって2枠2番は絶好の枠順。瀧川騎手もtwitterで書いている通り、この枠を引けたことは非常に大きい。

外からプレッシャーをかけてきそうなトーセンボルガ、逃げ一手のレベルフォーなど、決して楽な展開には持ち込めないが、それでも枠順と実力的に行き切れば、簡単に止まることはない。

相手はトーセンガーネットが強い

2走前の平和賞では勝ち馬ヒカリオーソから0.1秒差の2着に好走。ヒカリオーソに本命を打つなら当然本馬にも同等の扱いが必要になる。前走兵庫ジュニアグランプリではJRA勢の強豪相手に4着と健闘。5着に敗れたリンゾウチャネルは鎌倉記念で2着に入り、4着ヒカリオーソに完勝。リンゾウチャネルを基準に考えれば、現在はトーセンガーネット>ヒカリオーソといえるかもしれない。

展開を考ええると、逃げるヒカリオーソをトーセンボルガが追いかけ、その直後に本馬が収まる形。流れは向くだろう。脚質的に勝ち切れるかはともかく上位争いには加わってくるはずだ。

3番手はもう1頭の「トーセン」のトーセンボルガ

前走ハイセイコー記念では1番人気4着と期待を裏切ったが、早め早めに動いた本馬には厳しい展開だった。鞍上のレース後のコメントによると、初の右回りも多少影響したらしい。前々で立ち回りを生かしたい本馬にとって大井1600mより小回りの浦和1600mの方がいいはず。事実、2走前の新風特別は57キロを背負って圧巻のパフォーマンスだった。前にいるヒカリオーソは強力だが、本馬も簡単には止まらないのではないか。

基本的に上位3頭が強力だと見ているが、穴で少し狙いたいのはカネトシテッキン。準重賞の若武者賞ではトーセンボルガを下して勝利を収めている馬。ハイレベルだった鎌倉記念でも6着に健闘しており、人気ほど舐められた馬ではない。平和賞と全日本2歳優駿では惨敗しているが、どうも走ることに前向きではないので(鞍上が叱咤激励してようやく進む)、前に馬が複数いると自分から走るのをやめてしまう面がありそうだ。今回は11頭立ての少頭数。ヒカリオーソとトーセンボルガが前に行き、マムティキングとアイアスが控えるとすれば、内のスポットにスッと収まりそうで、位置取りを味方につけて上位に食い込んできても驚けない。

最後にアギト。前走川崎若駒オープンは決して差し馬に有利な流れではなかったが、大外から鮮やかな差し切り勝ち。引き続き森騎手が騎乗できるのは心強く、前がガリガリとやりあえば、本馬の末脚が生きてくるかもしれない。

ニューイヤーカップ2019の印

◎②ヒカリオーソ
○⑥トーセンガーネット
▲④トーセンボルガ
△⑤カネトシテッキン
△⑨アギト

ニューイヤーカップ2019の予想ファイル

ニューイヤーカップ2019の買い目

まず印の最後に1頭だけ追加します。

◎②ヒカリオーソ
○⑥トーセンガーネット
▲④トーセンボルガ
△⑤カネトシテッキン
△⑨アギト
△③アイアス

アイアスは内枠と人気を考えて押さえておきます。それでは買い目へ。

【本線】

3連複:◎ー○ー▲△△△(4点)

3連複でヒカリオーソ、トーセンガーネットから印を打った馬へ(ワイド1点でもOK)。本線は印上位3頭の組み合わせです。おそらく印上位3頭の組み合わせは抜けた1番人気になるかと思いますが、2回に1回くらいはこの組み合わせで決まるイメージなので、当日お昼現在の8倍前後ならむしろお得だと思っています。

3連複:△(カネトシテッキン)-◎○▲ー◎○▲(3点)

カネトシテッキンはだいぶ人気がないので、カネトシテッキンから印上位3頭へ流した組み合わせも押さえておこうと思います。

【ボーナス】

3連単:◎○▲ボックス(6点)

3連単で印上位3頭の組み合わせ。ヒカリオーソのアタマ固定絡みを少し厚めに買う予定です。

以上、ニューイヤーカップ2019の予想でした。