レパードステークス2017の予想考察です。

レパードステークス2017の出走予定馬は、エピカリス、アディラート、ハルクンノテソーロ、タガノディグオ、テンザワールドなど。新潟競馬場ダート1800mで行われる3歳限定のG3重賞です。

その前に先週の結果報告から。重賞は…

●クイーンステークス
1着△アエロリット(2番人気)
2着△トーセンビクトリー(6番人気)
3着▲クインズミラーグロ(8番人気)
4着◎クロコスミア(5番人気)

●中京記念
1着ラインミーティア(8番人気)
2着○フィドゥーシア(1番人気)
3着レジーナフォルテ(4番人気)
4着◎アクティブミノル(2番人気)

と本命馬がどちらも4着という結果に…

アエロリットは見た目では大逃げでしたが、そこまで飛ばしていたわけではなく、後続勢はノリさんの術中にハマった感じでしょうか。札幌開幕週は反則気味に内が強かったですし、あのペースで追いかけなかった2番手以下の騎手たちがダラしなかったですね。

ラインミーティアは西田騎手に尽きる感じ。外枠から差す形になりましたが、進路変更などのロスもなく、ほぼ一直線に走れたことが大きかったですね。それにしても格上挑戦での重賞制覇はビックリ。格上挑戦で鞍上が西田騎手だった10年ケイティラブを彷彿とさせる激走でした。

先週は平場の勝負レースも2週前の反動が出てしまい、いまひとつの結果に。8月1週目は巻き返します!

平場の勝負レースなどはメルマガで配信しています。ご登録は以下からお願いいたします。(お申込み日から30日間は490円でご購読いただけます)。

メルマガを購読する(登録日から30日間は490円です)

レパードステークス2017の予想のポイント

その1.淀みのないペースで流れて強い馬が強い競馬をするレース

レパードステークスは割と分かりやすい傾向が出ており、その傾向を一言でいうと、

淀みのないペースで流れて強い馬が強い競馬をするレース

といえるでしょうか。

過去5年の前半1000m通過タイムは、

16年60.7秒
15年61.5秒
14年61.9秒
13年61.0秒
12年61.4秒

で60秒後半~61秒台で推移。例年似たようなラップ推移を辿っており、スタートからゴールまでほぼ一定のラップを刻んでいます。新潟ダートはそもそも締まったレースになりやすいのですが、このレパードステークスも例外ではないのでしょう。

そして淀みのないペースで流れれば、弱い馬はついていけず、強い馬だけが残るようなレースになりがち。過去5年で3着以内に好走した馬を見ていくと、ホッコータルマエ、インカンテーション、アジアエクスプレス、クロスクリーガー、グレンツェントなど、その世代のトップクラスのダート馬の名前がズラッと並んでいます。

昨年は前評判通り、グレンツェントとケイティブレイブの一騎打ち。実力馬を安易に嫌わず、割とオーソドックスな能力比較がカギになります。

その2.末脚の持続力がカギ

レパードステークスは「淀みのないペースで流れて強い馬が強い競馬をするレース」なわけですが、もう1つ大きな特徴があり、それは「上り上位馬が強いこと」です。

以下にまとめたのは過去5年のレパードステークス3着以内馬で、ほとんどが上り3位以内をマークしているのが分かります(以下参照)。

特に上り最速馬は【2.0.4.0】とパーフェクト。レパードステークスが創設された09年以降を振り返っても【5.0.4.0】と素晴らしい数字を残しています。

前述の通り、レパードステークスは中身の締まったレースになり、最後は我慢比べのような展開になるので、そこでいかに末脚を伸ばせるかがカギになるのでしょう。

その3.サンデー系種牡馬の仔が活躍

最後にレパードステークスの3着以内馬の血統を見ていきましょう。

血統表をザッと見た感じでの印象をいうと、

ゴリゴリのダート馬っぽい血統の馬の好走が少ない

ことでしょうか。

昨年はネオユニヴァース、アドマイヤマックス産駒のワンツー。2年前はアドマイヤオーラ、キングカメハメハ産駒のワンツーで、芝のレースと言われれば納得してしまいそうなほどです。

近年はサンデー系種牡馬の仔の活躍が目立っており、過去3年の3着以内馬9頭のうち6頭はサンデー系種牡馬の仔でした。

前述の通り、レパードステークスは「速い上りを出せるかどうか」がカギになるので、ゴリゴリの重いダート血統よりも軽さを兼ね備えたサンデー系種牡馬の仔に合っているレースなのでしょう。

レパードステークス2017の予想オッズ

予想オッズも書いていきます。

人気 馬名 単勝オッズ
1 エピカリス 2.1
2 タガノディグオ 5.6
3 アディラート 6.4
4 テンザワールド 14.1
5 ハルクンノテソーロ 18.0
6 ローズプリンスダム 19.9
7 サンチェサピーク 25.0
8 イブキ 28.2
9 スターストラック 29.5
10 ノーブルサターン 40.3

1番人気はエピカリスで確定的。いくら遠征帰りとはいえ、実績ではアタマひとつ抜けている存在。国内ではいまだ負けなしですし、単勝2倍前後の圧倒的な1番人気に推されるでしょう。

2番人気はタガノディグオでしょう。500万下勝ちの後、兵庫チャンピオンシップ1着、ジャパンダートダービー3着とダートグレード好走中。どんな展開になっても確実に追い込んでくる末脚堅実な差し馬ですし、エピカリスとの2頭軸でかなり売れそう。単勝は5倍後半と予想します。

3番人気はアディラート。1000万下で2着続きですが、前走も2走前も明らかにメンバーレベルの高いレースでしたし、ドバイ以外では連対率100%なので、距離関係なく売れるはず。単勝は6倍台前半くらいでしょうか。

おそらく上位3頭がやや抜けるはず。以下、テンザワールド、ハルクンノテソーロ、ローズプリンスダム、サンチェサピーク、イブキ、スターストラック、ノーブルサターンと続く気がします。

レパードステークス2017のイチオシ馬は…

レパードステークスは過去2年ガッツリと当てている相性のいいレース。特に昨年は現地観戦でもあったのですが、

1着○グレンツェント(2番人気)
2着◎ケイティブレイブ(1番人気)
3着△1レガーロ(6番人気)

で現地の追加ボーナスもハマったんですよね。今年は現地に行けませんが、得意なレースなだけにビシッと仕留めたいと思います。

現時点で本命と対抗はほぼ決まっているのですが、穴っぽいところで面白そうな馬を挙げるとすれば、

トラネコ

です。

前走濃尾特別は反則気味に内が有利な中京ダートで、外々から上り最速で追い込んでの5着。末脚がしっかりしているかつ父サンデー系種牡馬ですし、漁夫の利的に追い込んで3着くらいならある気がします。

以上、レパードステークス2017の予想考察でした。

【PR】36万超の配当をガチでGET!280万超の的中も…!!

夏競馬。

勝ち組と負け組の差が開くと言われています。

あなたは勝ち組ですか?負け組ですか??

私は勝ち組への1歩を踏み出しました。

RANKING(ランキング)という競馬予想サイトを使ってみてください。

驚くほど、的中します。

下記は最近の的中実績の一部ですが…

※キャンペーン情報
2017年07月22日 福島06R 2歳新馬
三連単(24点✕300円=7200円投資)
的中 13-06-14 払戻金額 501,810円

※キャンペーン情報
2017年07月22日 福島07R 3歳未勝利
三連単(12点✕1000円=12000円投資)
的中 07-02-13 払戻金額 2,860,400円

※キャンペーン情報
2017年07月22日 函館11R 函館日刊スポーツ杯
三連単(15点✕500円=7500円投資)
的中 01-12-07 払戻金額 625,800円

※キャンペーン情報
2017年07月23日 函館03R 3歳未勝利
三連単(36点✕200円=7200円投資)
的中 03-07-04 払戻金額 362,480円

当たりまくってます。

私は7月23日の函館3R、3歳未勝利のキャンペーン情報に参加していたのですが…

たったの数分で、36万以上稼いでしまったので大満足ですw

サトノファイヤー⇒サウンドベティ⇒トップゴーイングという、

4番人気・7番人気・3番人気の簡単そうに見えて難しい三連単を的中していました。

渋いですね(笑)

無料情報も充実していて、「本当にこれが無料なの!?」って感じのレベルでバンバン的中しています。

正直、RANKINGには稼げる要素しかありません。

是非、一度お試し下さい!!

>RANKINGオフィシャルサイト(無料で買い目の提供もあります)