オールカマー2015の予想で今週も前残りがあるかもよというお話

(元画像はコチラです。@lunapark0531さん)

オールカマー2015の予想考察です。

今年のオールカマー2015の出走馬は、ヌーヴォレコルト、ショウナンパンドラ、マイネルミラノ、ロゴタイプなど15頭。中山芝2200mで行われるG2重賞です。

先週の同舞台で行われたセントライト記念は極端な前残りでしたが、果たして今週のオールカマーはどういう流れになるのでしょうか。予想において重要なペースについて考えてみたいと思います。

全然話は変わるのですが、プロ野球について少し。セリーグの優勝争いで盛り上がっていますが、私は開幕当初以下のような予想でした。

セリーグ 順位予想2015を競馬風にしたらこうなった

野球券(馬券的な意味で笑)では、3連複で巨人とヤクルトの2頭軸で総流し。このままいけば当たりそうです笑。Bクラスが広島→中日→横浜なのも予想通りで、結構いい予想でしたね。今週の重賞もプロ野球の順位予想並みに当てたいところ。

10月22日(木)、新宿のロフトプラスワンで開催するトークイベント『秋の競馬大会議』の予約を受け付け中です。お申込みは以下からお願いいたします!

秋の競馬大会議、開催!

オールカマー2015の予想~今週も前残りがあるかも!?~

先週も書きましたが、中山芝2200mは基本的にスタミナが問われる舞台です。

しかも今年のオールカマー2015の出走馬は、セキショウ、マイネルミラノ、ロゴタイプ、メイショウカドマツ、タマモベストプレイ、メイショウナルトなど、主導権を奪いたい馬が多数。コースの特性、メンバーの脚質を考えれば、ミドル~ハイペースになると予想するのが一般的でしょう。

今週は差し、追い込み決着になる!

と思う人が大半なのではないでしょうか。

ただ個人的にはそう決め込むのは少し危険なのでは?という気がします。というのも、ここまで前に行きたい馬がそろった時こそ、意外と前残りがあるのが競馬。オールカマーの過去のレースを見ても、ズブズブの差し、追い込み決着は少なく、意外と立ち回りを生かした馬が馬券圏内に食い込んでいます。

「先週と同じ展開かよ…」

終わってからそう気づく可能性は十分にある気がします。そもそも芝2200mの重賞自体、とにかく前残りが目立っています。今年同条件で行われたレースを振り返っても、

【セントライト記念】
1着キタサンブラック(1番手
2着ミュゼエイリアン(2番手
3着ジュンツバサ(8番手)

【宝塚記念】
1着ラブリーデイ(2番手)
2着デニムアンドルビー(14番手)
3着ショウナンパンドラ(7番手)

【京都新聞杯】
1着サトノラーゼン(5番手)
2着ポルトドートウィユ(7番手)
3着アルバートドック(10番手)

【京都記念】
1着ラブリーデイ(2番手
2着スズカデヴィアス(1番手
3着キズナ(8番手)

【AJCC】
1着クリールカイザー(1番手
2着ミトラ(2番手
3着エアソミュール(5番手)

5レース中、3レースが4コーナー1、2番手の馬がそのままなだれ込む典型的な「行った行った」。ほかの2レースを見ても、京都新聞杯、宝塚記念ともに立ち回りが明暗を分けたレースで、差し・追い込み勢もロスなく立ち回っていた馬に分がありました。

ということで今週のオールカマーは先週のセントライト記念に続き、「前残りの立ち回り勝負」に張るという可能性は結構あります。あとは今週からCコース替わりなので、馬場をじっくりと見極めたいところ。

ちなみに前残りでも買いたくないな…と思うのは以下の馬です。人気ですが1円も買わないと思います。

この馬です!⇒B.人気ブログランキング25位前後です)

コース適性、鞍上ともにプラス材料は多いのですが、プラス材料が多過ぎて逆に嫌な予感。仮に立ち回り勝負になったとしても中山芝2200mはある程度のスタミナが必要です。どちらかというとスピード色が強いタイプなので、このコースに適性があるかは怪しい。勝ち切る可能性はかなり低い気がしますね。

オールカマー2015の予想考察でした。

【PR:元ジョッキーの予想はやっぱり凄い…】

今回は元地方競馬所属ジョッキーの予想が見れるサイトのご紹介です。

「遠藤真吾(エンドウシンゴ)」氏の予想を見る

「遠藤真吾(エンドウシンゴ)」氏とは・・

昭和50年1月10日、岩手県生まれで元岩手競馬の騎手。

高校卒業と同時に騎手試験を受けて合格、騎手デビュー。
十数年間、地方競馬所属のジョッキーとして活躍し、引退。

その後、知人の紹介で美浦トレセン近郊の育成場で調教助手となり、
今でも日々競走馬に騎乗し続けている。

騎手時代に培ってきた騎乗技術と騎手心理、調教助手として培った相馬眼と
状態把握によるレース分析能力は他を圧倒!

外厩から携わり、直接競走馬に跨っているため、競走馬の状態の良し悪し、
騎手間の情報など競馬を予想する上で重要な事項を全て網羅!

そんな「遠藤真吾」氏の予想ですが、秋の中山開催でいきなり爆発!

それは9月13日(日)中山11R 京成杯オータムハンデキャップ(G3)。

実際配信された予想は・・

遠藤真吾

結果は・・

1着12 フラアンジェリコ(13番人気)
2着8 エキストラエンド(11番人気)
3着13 ヤングマンパワー(7番人気)

3連単2,227,820円的中!

実際のPAT画像↓

遠藤真吾2

前走11着に負けたフラアンジェリコを1着で買えていたのは素晴らしいですね…

是非今週の予想は「遠藤真吾」氏の予想を参考にしてみてください。

遠藤氏いわく「オールカマーの伏兵馬と神戸新聞杯の各馬の成長度合いはバッチリ把握できるている」との事。

どのような予想が配信されるのか楽しみです!

「遠藤真吾(エンドウシンゴ)」氏の予想を無料で試す
※メールアドレス入力後、返ってきたメールに記載してあるURLをクリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。